虫歯の治療


Curious treatment虫歯は進行性の不可逆性疾患です。つまり、一度虫歯になってしまうと、自然と治ることはありません。

虫歯が進行しないようにするためには、治療をしなければなりません。しかし、虫歯の治療が好き!という人はほとんど居ませんよね。

歯医者嫌いの人の中では、「あのキュイーンという削る機械の音を想像しただけでもイヤ!」なんて言っているのを聞いたことがあります。

なかなか、そういったイメージを覆すのは難しいかもしれませんが、虫歯の治療がどのようなものなのかを知っておくことで、少しでも不安を和らげることが出来ると思います。

歯科医院はできる限り、痛みの少ない治療を心がけていますが、虫歯の状態により治療方法は変わります。

虫歯は、とにかく「早期発見」「早期治療」です。虫歯の進行が軽い状態であればあるほど、治療も簡単に済みます。虫歯の進行状態に応じた、おおまかな治療方法をあげていきたいと思います。

C1 歯の表面のエナメル質だけが侵された状態

この場合の多くは、虫歯に侵された部分を削って整え、合成樹脂のつめものをその場でつめる方法で済みます。

進行が少ない分だけ、削る量も少ないですし、その場で詰めることができるので1日で治療が終わります。

虫歯が表面だけのため、神経からも遠く、治療の際の痛みも無いことが多いでしょう。

C2 エナメル質についで、その下の層にあたる象牙質が侵された状態

神経に近くなるため、局所麻酔後に処置を行います。

C1と比較すると虫歯の範囲は広くなりますので、それだけ削る量も比例して多くなります。

狭い範囲の虫歯であれば、合成樹脂のつめもので済む場合もありますが、広い場合には、金属のつめものをします。

金属のつめものの場合は、型をとり出来上がったものを装着するので、通院は最低2回かかります。

C3 歯の神経(歯髄)まで侵された状態

神経が侵されてしまっているため、何もしなくてもズキズキと痛みます。

局所麻酔後に処置を行いますが、炎症が大きいと麻酔がなかなか効かず、痛い思いをしてしまうことがあります。

歯の神経をとり、神経の入っていた管をきれいにして、代わりのものをつめてから、金属を被せます。

歯の中をきれいにするのに早い場合でも2〜3回の処置が必要になります。炎症がひどい状態ですと、もっとかかる場合もあります。

C4 歯の根っこだけが残った状態

歯髄にダメージが少ない場合には、歯を保存するために、神経の入っていた管をきれいにする処置をします。

膿の溜まっているところも、きれいに消毒・治療をします。

膿が完全にきれいになってから、神経の代わりのものをつめ、金属を被せます。

膿をきれいにするのには、何度も神経の処置が必要になります。歯のダメージが強い場合には、抜歯をする処置になります。

 

歯の治療は、ケースバイケースですので、この限りではありませんが、「早期発見」「早期治療」によって、より予後は良好になります。放っておいても、治らないのが虫歯です。早めの治療を心がけましょう。


関連記事