入れ歯


入れ歯だからといって諦めていませんか?

新秋津歯科タナカの入れ歯治療では、「痛い」「噛めない」「ガタつく」を解消します。

歯科タナカ式オーダーメイド義歯」は2つのことを目指します。

  1. 歯を失う前の笑顔を取り戻す
  2. 家族と同じ食事ができるようにする

「歯科タナカ式オーダーメイド義歯」が最も大切にしていること

それは、患者様を知ることです。

  • 患者様の“過去”を知る
    歯を失った理由、失った順番、入れ歯を入れて何年になるか、今までに作った入れ歯の個数、歯に関するエピソード、歯がある頃の写真など。
  • 患者様の“今”を知る
    現在困っていること、全身状態、歯やお口の中の状態、噛み合わせ、噛み癖、使用中の入れ歯の状態など。
  • 患者様の“未来”を知る
    治療後のイメージ、治療方法に対する希望など。

患者様の過去・現在・未来をお聞きしたら、具体的な治療の方針をご説明し、治療のゴールを共有してから治療を開始します。

治療のゴールとは治療後に予測されることや、治療後の具体的なイメージのことです。

私たちは患者様に最高の入れ歯をお作りするために日々研鑽をしていますが、入れ歯治療を成功させるためには歯科医師だけの頑張りで達成できるものではありません。

手を失えば義手、足を失えば義足により失った機能を回復させますが、それらをうまく使うためにはリハビリが必要です。歯を失ったときに作るのが義歯(入れ歯)です。

義手・義足と同様に義歯(入れ歯)を上手に使うためにはリハビリが必要です。

「歯科タナカ式オーダーメイド義歯」の治療の流れ

    1. 問診・検査
      患者様の過去・現在・未来を知る重要なステップです。
    2. カウンセリング・治療方針の決定
      検査結果や治療についてのご説明をします。ここで治療のゴールを共有します。治療方法にご納得いただけたら治療契約を行います。契約後から入れ歯作りを開始します。
    3. 型採り
      良い入れ歯は型採りから。患者様専用の道具を用いて、お顔の筋肉と調和した精密な型を採ります。
    4. 噛み合わせの記録
      入れ歯作りで最も大切なステップです。噛み合わせが悪ければ、入れ歯は不安定になり、ガタガタ動く、噛めない・外れる入れ歯になります。合わない入れ歯を長期間使用していると安定した位置での噛み合わせができなくなることがあります。そういった場合には噛み合わせの安定を図るための治療用義歯を作製した後に最終義歯をお作りすることがあります。
    5. 見た目・噛み合わせの確認
      患者様の性別・年齢・性格・生活背景に調和しているか、記録した噛み合わせの位置が正しいかを確認します。
    6. 完成・調整
      最短であれば、6回目で新しい入れ歯が完成します。精密に作っている入れ歯であっても調整は必要です。調整は新しい入れ歯の装着後1日目・1週間後・1ヶ月後に行います。ただし、満足に噛めるようになるには個人差がありますので、お口の中の状況に合わせて調整を行います。

なぜ「痛いから削ってもらった」のに痛みが取れない?

「入れ歯が合わない」「入れ歯が痛い」と訴えた時、入れ歯の内面を削って調整された経験が多いのではないでしょうか?

「歯科タナカ式オーダーメイド義歯」では入れ歯の内面を削って調整することはほとんどありません。

入れ歯の型採りを精密に行えば内面が合う入れ歯が完成します。それでも噛むと痛むのは、噛み合わせに問題があるからです。

噛むことで入れ歯が動き、それによって痛むのです。

ですから、内面を削っても噛み合わせを調整しなければ、根本的な問題を取り除けていないので、痛みが消えることはありません。

また、入れ歯の内面を削るということは、せっかくピッタリと合った入れ歯を、あえて合わなくしていくのと同じ行為です。

当院での入れ歯の調整は内面の調整が1割、噛み合わせの調整が9割といった感じです。

入れ歯は長年使うことで歯がすり減ったり、筋力が変化したりするため、噛み合わせがズレてくることがあります。

定期的にチェックしていくことで、良好な入れ歯生活をお過ごしいただくことが可能になります。

入れ歯は時代遅れの治療法か?

昨今、インプラント治療(人工歯根を顎骨に植え込む)が歯を失った場合の治療法として盛んに行われています。

新秋津歯科タナカでもインプラント治療を行っていますが、インプラント治療が最も優れた治療だとは考えていません。

現在の日本で問題となっている超高齢社会や介護問題と入れ歯治療は密接な関係があります。

内閣府の発表によると、超高齢社会の日本では平均寿命は年々上がっていますが、健康寿命は平均寿命ほどの延びがありません(内閣府資料の抜粋PDFはこちら)。

つまり、これは介護が必要な期間が長くなっていることを意味しています。

介護の現場で重要なのは口腔ケアを行い、誤嚥性肺炎を予防することです。

介護する側にとって入れ歯はお手入れがしやすいものです。

また、ぴったりとあった入れ歯であれば、しっかり噛めますので、入れ歯が時代遅れの治療法とは言えません。

むしろ、これからの時代には入れ歯治療が必要不可欠ではないでしょうか。

入れ歯治療、インプラント治療、ブリッジ治療、移植治療の4つが歯を失った場合の治療方法ですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

入れ歯治療とインプラント治療やブリッジ治療を併用することも可能です。

新秋津歯科タナカでは患者様のご要望・年齢・お口の状態、全身状態など総合的に判断して最良の治療方法をご提案いたします。


関連記事

PAGE TOP