部分入れ歯について


歯を失った場合、その空白箇所を補う方法として、ブリッジ、入れ歯、インプラントがあります。

ブリッジは橋渡しをする両隣の歯が必要です。

インプラントは隣の歯の有無に関係なく自立しています。

部分入れ歯は、人工歯のついた床(しょう)を歯肉の上に置き、近くの歯にクラスプを引っ掛けて安定させます。クラスプを掛ける歯を鉤歯と言いますが、鉤歯が最低1本あれば、部分入れ歯を装着できます。

すべての歯がなければ、総入れ歯、またはインプラントになります。

 

部分入れ歯には保険内と保険外があります。

保険内の場合は、入れ歯の床はプラスチック樹脂で、金属のクラスプが付いているタイプしかありません。

床がプラスチック樹脂以外の金属やシリコン製、あるいはクラスプ無しの部分入れ歯を作る場合は、保険外の全額自費負担になります。

保険内の部分入れ歯はとてもシンプルなスタイルで、費用が安いというメリットがあります。

一方、保険外の部分入れ歯は、審美性や耐久性を求め、様々なタイプがありますが、コスト高になります。

 

保険外の主な部分入れ歯を挙げてみます。

アタッチメント義歯は、クラスプのないタイプで、代わりにアタッチメント装置を付けた歯と、入れ歯とを連結して安定させます。強く噛めて、見た目が目立たない特長があります。

ホワイトクラスプは、クラスプに金属を使わず、白いプラスチックを使用することで、審美的に優れています。使用している部分入れ歯の、保険内の金属クラスプだけを保険外のホワイトクラスプに変えることもできます。

コーヌス入れ歯等のテレスコープ入れ歯は、クラスプがなく、残存歯を加工して内冠とし、その上に外冠としての入れ歯をはめるタイプです。内冠と外冠の密着で安定しており、噛む力と見た目に優れています。

スマイルデンチャーは、スーパーポリアミドナイロン樹脂を素材とし、薄くて軽くて弾力のあるタイプです。


関連記事