部分入れ歯のアタッチメント義歯


アタッチメント義歯はクラスプ(針金)のないタイプです。代わりにアタッチメント装置を付けた歯と、入れ歯とを連結して安定させます。

様々なタイプがありますが、主なアタッチメントとしては磁性金属、ボール、ロケーターがあります。

ボールとロケーターは主にインプラントに装着し、その上に入れ歯を置くアタッチメント義歯で、ボタンのような留め具状のロケーターは2011年に開発された最先端アタッチメントです。磁性金属の場合は、天然歯とインプラントのどちらにも適用できます。

一般的な方法としては、入れ歯側に超小型のマグネット(磁石)を取り付け、土台側の歯にはキーパーと呼ばれる磁性金属を埋め込みます。

磁力によって入れ歯がはずれないように安定させます。このマグネットアタッチメント義歯は、多くの歯科医院で採用されていて、現在の主流です。

どのアタッチメントを使うにしても、メリットとしては、装着の違和感が少なく、安定感があり、強く噛めて、見た目が目立たない点です。

食べている最中に外れませんし、取り外しができて、簡単にお手入れできます。

入れ歯をしていると知られたくない方にお勧めの部分入れ歯です。

デメリットとしては、入れ歯の支えとなる天然歯に磁性金属を埋め込む必要がある点です。

ただ、歯根しか残っていないような歯であっても、小さな磁性金属の埋め込みは可能なので、抜歯せずに歯を活かすことができます。

 

また、保険外なので、全額自費負担となり、費用の目安としては、1万~10万円になります。マグネットアタッチメント義歯の場合は、平均5万円程度です。

保険外の部分入れ歯は、歯科医院によって費用にかなり差がありますので、治療の前に費用のトラブルがないように、しっかり確かめましょう。


関連記事