保険適用の部分入れ歯


保険の部分入れ歯は、素材や技術面で制約が設けられています。

そのため、シンプルなデザインで、安価であるメリットがあります。費用は約5000円~13000円です。

入れ歯の床にはレジンやスルフォンといったプラスチック樹脂しか使えません。

プラスチック樹脂は固くて、そのうえ分厚いため、装着の違和感があります。

熱伝導が遅いため、咀嚼時の体感が鈍り、気をつけないと喉を通るときに火傷する場合があります。

噛む力は弱く、天然歯の約20~30%です。

 

クラスプは金属製のみと決められています。

入れ歯の装着場所によっては、笑ったときに金属のクラスプが見えて、見た目が良くありません。

針金のようなクラスプは近くの歯(鉤歯)に引っ掛けて入れ歯を安定させるために必要ですが、保険外の部分入れ歯では、このクラスプのないタイプがあります。しかし、コスト高になります。

 

クラスプを掛ける鉤歯を傷つける場合があります。

発音がしづらい場合があります。

プラスチック樹脂は臭いが付着しやすいです。

しかし、部分入れ歯は取り外せるので簡単に洗浄できます。毎日の洗浄を怠らなければ、清潔に使用できます。

取り外している間に、口腔内のお手入れもできます。ブリッジだと、歯の隙間に食べ滓が残りやすいですが、入れ歯だとその心配がありません。

 

保険で部分入れ歯を作るとその後6ヶ月間は、歯科医院を変えたとしても保険での作り直しができません。

保険の部分入れ歯は、形がシンプルなので、短期間で作ることができ、保険外に比べてはるかに安価なメリットがありますが、失敗のないように、より自分に適合した入れ歯を作り、快適な食生活を手に入れたいですね。

そのためには担当医とよく相談の上、保険内のメリット、デメリット等をご検討ください。


関連記事