部分入れ歯のメリット


部分入れ歯には様々なタイプがあるので、メリットに関しても、個々のタイプで異なってきます。

また、歯を失った場合の主な治療として、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントがあり、それぞれを比較した場合の、部分入れ歯のメリットという観点もあります。

それらを踏まえて、様々なメリットに注目してみます。

まずはコスト面で比較できます。

保険内の部分入れ歯であれば、審美性は劣りますが、保険内のブリッジよりも安価です。

インプラントは保険外のみなので高額医療に属します。

それから、部分入れ歯の治療期間は、2~5週間と短くて済みます。

ブリッジも最短2週間が可能ですが、インプラントだと3ヶ月~6ヶ月かかります。

部分入れ歯では、歯を削らない方法があり、また、外科手術はしません。

ブリッジだと、両隣の歯を削ります。インプラントは埋め込みに外科手術が必要です。

部分入れ歯は、自分で簡単に脱着ができます。そのため、入れ歯の洗浄、口腔内の歯磨き等のお手入れ、どちらも衛生的に保てます。

ブリッジやインプラントは脱着できません。どちらも歯の隙間があり、食べ滓が詰まりやすいため、毎日の丹念なお手入れが必要です。

保険外の部分入れ歯へと範囲を広げると、種類も豊富で、審美性が優れていて、装着の違和感も軽減され、様々なメリットがあります。

金属クラスプをホワイトクラスプに変換するだけで、見た目の印象がずいぶん改善されます。

コーヌス入れ歯等のテレスコープ入れ歯、アタッチメント義歯、スマイルデンチャーは、どれもクラスプのないタイプで、殆ど入れ歯だとは分からないぐらい、外見重視の改良に成功しています。

但し、保険外なので、コスト面での問題があり、予算に合わせて、ご希望に合った部分入れ歯が見つかるといいですね。


関連記事