矯正歯科


about orthodontics矯正歯科とは、不正咬合を矯正治療する診療科です。

歯並びが悪くて、噛み合わせもよくないことを「不正咬合」と言います。

不正咬合をそのまま放置していると、様々な問題が生じます。

例えば、歯科の二大疾患である虫歯と歯周病になりやすいです。

歯並びが悪いと、歯間に複雑な隙間が生じ、歯磨きがしづらいことから、食べ滓が隙間に溜まり、細菌が繁殖して炎症を起こしやすいからです。

また、噛み合わせが悪いと、食べ物をよく噛めません。

無理して噛むことで、顎関節を傷める場合があります。

言葉の発声が不明瞭になりやすいです。

歯並びが悪いと、口腔内の空気の通りが悪くなる場合があるためです。

顔付きが変わり、歪みが出る場合があります。

子供のあいだに矯正をお勧めします。

なぜなら、成長とともにかなり顔が変形する場合があるからです

矯正歯科の治療を通して、歯並びが改善されれば、自分の自信、笑顔にも繋がります。

矯正の方法として一般的なのは、ワイヤー等の矯正装置を歯の表面に装着する方法です。

また、ワイヤーを長期間、装着することの審美性の悪さから、見えない矯正が人気化しています。

例えば、裏側矯正では、歯の裏側に矯正装置を取り付けます。

マウスピース矯正では、透明のマウスピースを装着して目立たないようにします。

その他、部分矯正、ブライダル矯正、インプラント矯正など、状況に応じて様々な矯正方法が開発されています。

矯正歯科は、口腔内の健全さだけを目指しているのではありません。

噛むことは、人間にとって、とても重要な機能です。

噛むことがうまく行かないと、全身の様々な疾患に派生する傾向があります。

例えば、80歳で20本以上の歯が残っている8020達成者と呼ばれる人たちを調査すると、歯並び、噛み合わせが健全である方が多く、また、全身疾患への医療費支出が、その他の同年代の人たちよりも30%少ないというデータもあります。


関連記事

PAGE TOP