部分矯正


部分矯正は、気になっている1本から数本の歯だけを矯正する治療方法です。

以前は、1本だけ歯を動かすのは難しいとされていました。今も、矯正するなら全体の歯列を矯正する方がいいという考えの医師も多くいます。

しかし、様々な技術革新の結果、ブラケットとワイヤーの矯正に加えて、インプラント矯正やマウスピース矯正を併用することで少数の歯の部分矯正が可能になっています。

但し、部分矯正ができない場合もあります。歯並びが重度の不正咬合の場合は、全体の歯列矯正の方が一般的です。重度で、強行に部分矯正することで、却って噛み合わせが悪化する場合もあります。

 

部分矯正の主なメリットとしては、歯列全体の矯正治療費に比べて、ずいぶんリーズナブルです。

また、治療期間は数ヶ月から半年位と短くて済みます。全体の歯列矯正ならば、1年から3年かかります。

部分的な矯正だから、ブラケット等の装置も少なくて済み、その分、違和感も、痛みも軽減されます。

装置の取り付け場所は、歯の表側、裏側、どちらでも可能です。

見えない矯正としては、裏側矯正およびマウスピース矯正があります。

マウスピース矯正だと、脱着も可能になります。

 

前歯の1本だけ生える角度が違っていたり、笑ったときに露骨に見える八重歯が気に入らなかったり、前歯2本の隙間が大きい正中離開にコンプレックスを抱いていたりと、最もよく見える前歯の印象を変えるための部分矯正が多く、人気があります。

 

見た目の改善目的だけでなく、1本でも傾いて生えていると、その歯を含めて両隣の歯との隙間に食べ滓が残りやすく、お手入れがしづらいことから部分矯正される方もおられます。

1本1本の歯を大切に、スムーズなお手入れで、虫歯や歯周病に侵されないように守ることは、とても重要なことです。


関連記事