裏側矯正


裏側矯正(舌側矯正)は、矯正装置のブラケットを歯の裏側に取り付け、ワイヤーで締めて、歯並びを矯正します。

「見えない矯正」の代表的な方法の一つです。

表側に露出装着するワイヤー矯正は見た目の悪さが大きなデメリットになりますが、裏側矯正ならば、審美的に優れていて、見た目の不都合はありません。

周囲に気付かれない裏側矯正のメリットはとても大きいです。

モデルや俳優、接客業など、外見のイメージが大きく影響する職業の方に適しています。

特に女性に人気の高い治療法です。

backside orthodontics人と接する機会があるかぎり、特殊な職業でなくても、見えるよりは見えない方が喜ばれます。

ただ、裏側矯正の場合は、表側のワイヤー矯正に比べて、治療費が1.5倍割高になります。

裏側矯正は1970年代に日本人によって開発されて以降、改良を重ね、進化しています。

昔はブラケットが大きく厚みもあり、突起部分もあるため、歯肉や舌を傷つけることも多くありました。

しかし昨今、ブラケットは小さく薄型になり、突起部分も少なくなり、歯肉や舌への損傷リスクは改善傾向にあります。

また、初期の装置に比べて、僅かな力で歯を移動させられるようになり、それに従って痛みも軽減しています。

痛みに関しては、装着当初は引っ張られる感覚があり、硬い物を噛むと少し痛む場合もありますが、数日経てば、痛みは殆どなくなります。

表側のワイヤー矯正よりも長い治療期間が必要とよく言われますが、これもかなり改善されていて、同程度の治療期間の場合もあります。

舌が装置に当たり、装着当初は少し話しづらい面があります。個人差ありますが、数週間から1ヶ月ぐらいで慣れ、その後は普通に話せるようになります。

見えるワイヤー矯正よりは多少の不便はありますが、それでも、見えない裏側矯正の魅力は大きく、裏側ならば矯正したいと考える方が増えています。


関連記事