インプラント矯正


インプラントとは、失った歯の空白箇所にチタン製のフィクスチャー(歯根部)を骨に埋め込み、その上に人工歯を装着する治療法です。

その技術を矯正歯科に利用できないものかと研究した結果がインプラント矯正です。

 

インプラント矯正とは、矯正用のインプラントを骨に埋め込み、それを固定源としてその他の歯を移動、矯正する治療法です。

矯正のために顎の骨を削る等の外科手術が必要な場合や、その他の矯正方法では治療が困難な場合に代わって、インプラント矯正は役立っています。

implant orthodonticsまた、治療期間が短縮できて、患者様の治療努力が少なくて済む治療法でもあります。

矯正用のインプラントは、歯の矯正のために使用されるので、人工歯を装着するインプラントとは形状の異なるタイプもあります。

例えば、固定源としづらい狭い場所にも埋め込める小型のマイクロインプラントや、歯列全体を動かす強い力に耐えられる、埋め込みネジ部分を強化したインプラントもあります。

インプラントの埋め込み位置は様々ですが、例えば、下顎奥の左右に1本ずつインプラントを埋め込み、それを固定源として、下顎の歯列全体を後方へ移動させたりします。

インプラント矯正は、従来の方法では難しかった矯正ができるようになり、確実に矯正治療の幅を広げています。

悪い歯並びの種類は様々ですが、その殆どの歯並びに対して、インプラント矯正は有効です。

模範例としてよく取り上げられるのは、ガミーフェイスの症例です。ガミーフェイスとは、笑ったときに歯茎(ガミー)が露出してしまう状態を言います。

重度のガミーフェイスの場合は、外科手術が必要ですが、インプラント矯正を行えば、外科手術なしで矯正できます。

その他、出っ歯、受け口、乱杭歯、開咬(オープンバイト)の歯並びで、重度の不正咬合の場合は、インプラント矯正の検討をお勧めします。


関連記事