マウスピース矯正


mousepiece orthodonticsマウスピース矯正は、脱着可能な透明のマウスピースを歯列全体に装着して歯並びを矯正する治療法です。

ワイヤーやブラケットを使用する矯正に比べて、口腔内の違和感が少なく、痛みも殆どありません。

ブラケットには突起部分があり、それが口腔内の粘膜に当たって傷付け、口内炎になる場合もあります。マウスピースの場合は、そういう心配がありません。

透明のプラスチック製なので、見えない矯正としても人気があります。

薄くて目立たない装置なので、自分から矯正していると言わない限り、殆ど気付かれません。

また、金属アレルギーの心配がありません。

ブラケットの金属アレルギーで矯正治療を諦めた方も、マウスピースならば大丈夫です。

マウスピースは自分で簡単に脱着可能なので、とても衛生的です。

ワイヤーやブラケットの場合は、どうしても歯磨きしづらい箇所ができて、装置周辺にプラークが付着しやすくなります。

マウスピースだと、食事の前に取り外して、その後、歯磨きをしてから取り付けることができます。

ですから、食事は毎回、矯正装置なしで、なんでも食べることができます。

他の矯正装置だと、例えば、歯にくっつきやすい餅等の食べ物は控える傾向があります。

 

発声にはなんら問題ありません。

他の矯正装置だと、装着後しばらくの間、違和感が強く、発声にも影響が出て、話しづらいものですが、マウスピースの場合は、装着前後での違いはありません。

問題点としては、不正咬合が重度の場合、マウスピース矯正を適用できない場合があります。

 

マウスピース矯正には、様々な種類があります。

主なタイプとしては、歯型を元にして3Dシミュレーションで矯正の段階的なマウスピースをいくつも製作します。

治療計画に従って、少しずつ形を変えたマウスピースを何度も交換し、型に合うように少しずつ歯を移動させて矯正します。


関連記事