矯正歯科の期間


矯正歯科における治療期間は、様々な症例によって大きく異なります。

当院では、初診や相談時に目安を提示できます。

上下の噛み合わせや、個々の歯の生え方をチェックして、ご希望も伺いながら、治療期間の目安、様々な矯正方法等をご説明いたします。

下記は治療期間のおおまかな目安です。

全体の歯並びを表側のワイヤー矯正した場合。

軽度の矯正、半年から1年。

中度の矯正、1年から2年。

重度の矯正、2年から3年。

 

上記の期間に加えて、矯正終了後から保定が必要になります。

Laughing Teenage Girl保定とは、矯正した歯が元に戻ろうとするのを防ぐための処置です。

主にリテーナーという固定式、あるいは取り外し式の保定装置を装着します。

保定期間は、矯正に費やした期間と同程度必要になります。

場合によっては、さらに長期に必要な状況もあります。

保定に対する意識が低いと、せっかく歯並びを希望通りに矯正できても、後戻りしてしまう場合もあります。

保定期間中の受診は、数ヶ月に1回ペースで、後戻りがないと判断できた時点で完全に終了となります。

矯正装置の種類と矯正方法によって、治療期間は異なります。

一般的にはインプラント矯正がいちばん短期間になります。

次に表側のワイヤー矯正、それから裏側矯正の順になります。

他、マウスピース矯正は、主に簡単な矯正に用いられることが多いため、治療期間は数ヶ月から半年と短くなります。

但し、マウスピース矯正をワイヤー矯正と同じぐらい長期で用いる場合もあって、一概には言えません。

また、部分的に気に入らない1本から数本の歯を矯正する場合は、全体矯正と違って、ずいぶん短い治療期間になります。本数や歯の生え方にもよりますが、2ヶ月から半年ぐらいの部分矯正が多くあります。


関連記事