根の治療


根の治療とは

根の治療虫歯を放置すると、歯の奥深くにある神経(歯髄)まで細菌は侵入します。侵入した細菌を取り除かなければ、病状は悪化し、最後には歯を抜かなければなりません。

そうならないように行うのが、根の治療です。治療では根の中に侵入した細菌と細菌で汚染された歯髄や歯の内部を機械的・化学的な清掃により取り去ります。

根の治療は大きく分けて「抜髄(バツズイ)」と「感染根管治療」に分かれます。

抜髄は細菌が神経まで進行しているが、神経が生きている場合の処置で、細菌が歯の中にとどまっている状態です。抜髄の成功率は高く、約90%程度と言われています。

感染根管治療は神経が死んでしまっている、または根の再治療が必要になった場合に行う処置です。細菌は歯の中から飛び出し、顎の骨の中にまで進んでいます。抜髄と比較すると、治療の期間がかかりますし、成功率は約70%程度と低くなります。

根の治療の流れ

  1. 根の中に器具を到達させることができる状態にします。
    根の治療の流れ1
  2. 専用の器具を用いて細菌で汚染された歯髄や歯の内部を取り除きます(機械的洗浄)。
    根の治療の流れ2
  3. 根の長さは確認できないため、電気抵抗を利用して長さを計測しながら処置を行います。
    根の治療の流れ3
  4. 根管内は薬液を用いて洗浄します(化学的洗浄)。
    根の治療の流れ4
  5. 根管に薬剤を詰めて、仮蓋をします。
    根の治療の流れ5
  6. 根管内の汚染物質がなく、症状が安定したら、歯髄がなくなり空洞となった根管内を詰めます。
    根の治療の流れ6
  7. レントゲン写真を撮影し、根の先まで詰め物ができているかを確認します。

根の治療の期間

根の治療は時間と回数がかかります。奥歯の場合だと、根の治療だけで6〜7回くらいかかることもあります。
前歯の場合は1本の歯に根の数が1つのことが多いですが、奥歯では1本の歯に対して根が3〜4つあることがほとんどです。数が多いため、単純に回数がかかります。

また、根の形は3次元的に複雑な形をしているため、一筋縄では汚染物質を取りきれず、回数がかかることもあります。
家を建てることに例えるならば、根の治療は基礎工事にあたります。しっかりとした家を建てるためには、基礎工事がしっかりしていることが重要です。

根の中が汚染されていても、痛みや症状がないことも多いです。「いつまで治療がつづくの?」と思うこともあると思いますが、根の治療だけに、根気強く頑張っていきましょう。

一度やれば大丈夫?

根の治療は一度やれば大丈夫?根の治療が終わったら詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)で失った歯の部分を補います。歯と補った部分との隙間から細菌が侵入することがあり、そうすると根の中が再感染をおこり、再治療が必要になることがあります。

 

再治療の成功率は低くなります。再治療を避けるためには2点気をつけてください。

  1. 初回の根の治療をしっかりと行うこと
  2. 根の治療が終わった後は封鎖性の高い詰め物・被せ物で治療を完了させること

 

なお、再治療が必要な場合の自覚症状としては以下のようなものがあります。

  1. 痛みがある
  2. ズーンと重い違和感がある
  3. 歯茎にできものができている
  4. 歯茎が大きく腫れてしまっている

根の治療での注意点

治療後に痛くなった

根の治療の注意点根の治療では専用の器具を用いて、根の先の先まで洗浄していきます。その際に根の先の組織を刺激したり、汚染物を僅かに根の先に押し出すことがあるため、歯が浮くような感覚が2〜3日出ることがあります。

稀ではありますが、数%の可能性で大きく腫れたり、強く痛むことがあります。これはフレアーアップと呼ばれ、重症な歯や免疫力が低下している場合に生じやすいと言われています。

仮の蓋が取れてしまった

根の治療は一度で終わることが少なく、数回かかることがあるため、仮の蓋をします。次回の予約までに仮の蓋が取れてしまうことがあります。その際は医院までご連絡ください。

痛みがなかなか取れない

根の形は個人差があります。小さな枝分かれがあったり、細くなっていたりして、器具や薬剤が届かず、汚染物や菌が取りきれないことがあります。そう言った難易度の高い歯では痛みが長続きすることや治療が成功しないことがあります。


関連記事