根の治療


進行してしまった虫歯や歯周病

虫歯や歯周病が進行して「根の治療」が必要になる方も沢山いらっしゃいます。

「虫歯や歯周病の治療」では歯を削ったり、被せたりといった目に見える治療が多いですが、根の治療は見えない部分の治療の為イメージが沸きにくいと思います。

歯だけを綺麗に治しても根の治療を行わないと、痛みや腫れがでてしまい再治療になってしまうことも数多くあります。

about Root foundation2

根の治療は大きく分けて2つあります。

それは、虫歯が原因となる「歯髄炎」と歯周病が原因となる「根尖性歯周炎」です。

基本的にはどちらの治療でも、根の中の治療を含めて5~6回の通院が必要となります。

根の治療ではまず被せを外して感染源を綺麗にします。

about Root foundation3

除菌を行って綺麗になった根に「根充材」と呼ばれる、根管を埋めるための薬を入れて封鎖をします。

この封鎖を行うことにより細菌感染から守ることが出来るのです。

根の治療には技術と知識そして労力が必要になります。

治療技術に左右されやすいことでも知られているので、根の治療を行う際には治療実績のある医師に相談することも大切です。

このように、根の治療は難しい部分が多い治療ですが、保険適用で行うことが出来ることもあります。

一部保険適用外の治療を受けることで、丁寧に時間を掛け治療をする医師も沢山います。

被せの値段などにも左右されるので、根の治療の費用で迷ってしまったら、複数のクリニックで治療費や治療法について相談してみましょう。

根の治療に力を入れて、実績のあるクリニックの多くは通院回数だけではなく、治療にかかる費用の目安もHPで公開している所が多いです。

実際に症状を見てみないと判りませんが、値段や治療法の紹介など参考になることが沢山あります。

是非根の治療を受ける前に検索をしてみてください。




関連記事