ラバーダムの重要性


歯の根の治療をするときに使用する口の中と治療を行う歯を隔離する薄いゴムのシートをラバーダムと言います。

根の病気は根の中で細菌が繁殖することで起こります。

唾液にも原因となる虫歯菌や歯周病菌が潜んでいます。

ラバーダムをかけて治療する歯を隔離させることで、唾液が入ってしまう事で起きる細菌感染を防ぎ、治療の成功率を高めることが出来ます。

また根の治療ではリーマーやファイルといった誤ってうっかり飲み込んでしまいそうな細くて小さい器具を扱う事が多いのですが、ラバーダムをかけることで器具を飲み込んでしまうようトラブルを防いだり、根の消毒に使う薬液が漏れてお口の中を傷つけるような事故を防ぐ事も出来ます。

歯に金属の輪のような器具をかけて治療をするので、個人差はありますが、痛みを感じることもあります。

痛みを軽くするために麻酔をかけることもありますが、治療後器具の締め付けにより、歯茎が傷付いたり、出血する場合もありますが、基本的に数日で治りますのでご安心下さい。

また「ゴムをかけると口が覆われて息苦しくないですか?」と質問を受けることもあるのですが、とても薄いシートなので息も普通に出来ますし、「治療中寝てしまいました」という患者様もいるほどです。

ラバーダムの使用は歯科医師の判断に任されていますが、上記にあるように根の治療をする上でラバーダムを使用することのメリットは沢山あります。

安全でスムーズな治療のためにもラバーダムの使用をオススメします。
わからない事があればお気軽にスタッフにお尋ねください!


関連記事