オフィスホワイトニングの影響


20130518195335626オフィスホワイトニングは、高濃度の過酸化水素を「光」で活性化させ、エナメル質に付着した着色物質を分解する方法になるので、一回の効果が高くなります。

また、短時間で負担なくホワイトニングをすることができます。

ですから、忙しい方やこの日までに歯を白くしたいという方にはお奨めです。

また、レーザーを当てないで、専用ジェルのみで行うタイプもあり、歯に全く熱を持たせないので休ませる期間(ダウンタイム)が不要になり、連日のホワイトニング治療が可能な場合もあります。

アルゴンレーザーという、アメリカから輸入された高性能レーザー機器を使うと、安全性が高い上に、ホワイトニング効果も高いと認められています。

また、短い照射時間で完了するので、歯に与える痛みが最小限に抑えることが出来ます。

同じオフィスホワイトニングでも、治療の仕方によってホワイトニングの効果は違ってきます。

また、効果には個人差もあり、一回で満足する白さになる人もいれば、何回オフィスホワイトニングをしても満足を得られるような白さにならない人もいます。

ある程度の濃いホワイトニング剤なら結果も出やすくなり、短期間で歯を白くすることが出来ます。

また、即効性もあり手間がかからないというメリットがあります。その点は、歯科医に相談をしたり、説明を受けた方がいいでしょう。

すぐにでも歯を白くしたい人や、自分一人で行うホームホワイトニングが苦手な人には、お奨めな方法になっています。

ただ、オフィスホワイトニングは即効性がある分、ホームホワイトニングよりも長持ちしない傾向にあります。

持続期間は、着色している歯の度合いにもよりますが、基本的には3~6カ月程でしょう。

また、オフィスホワイトニングを行った後は、24~48時間は禁煙するように指示される場合もあります。


関連記事