ホワイトニングが及ぼす影響


ホワイトニングの効果は、もちろん白く美しい歯を取り戻すのが目的で行う治療です。

多少の黄ばみは気にしない人も多いですが、気になって人前で自信を持って笑ったりできずに、内向的になってしまっている人もいるそうです。

そのような人達にとっては、ホワイトニングで単に歯が白くなったというだけではなく、自分に自信が持てたり、明るい性格を取り戻すことが出来るようになります。

これもまた、一つの効果になるでしょう。

また、ホワイトニングの効果には個人差があり、すぐに効果が現れて歯が白くなる人がいたり、なかなか効果が現れず白くならない人もいたりします。

しかし、ホワイトニングを繰り返し行うことで、大抵は効果が得られます。

またホワイトニングは、どんな歯でも白く出来るわけではありません。

ホワイトニングが有効な例としては、加齢に伴う歯の黄ばみやコーヒー、カレー、赤ワインなどによる着色が一般的になっています。

また、喫煙による着色も含まれます。これからの着色汚れは、ホワイトニングを行うことで白さを取り戻すことが可能であり、歯磨きの徹底や生活習慣の改善を同時に行うことで、長く白さを保つことが出来るようになります。

ホワイトニングは、入れ歯や差し歯のような人工の歯や、テトラサイクリンと呼ばれる抗生物質によって変色した歯には、効果がありません。

また、神経がなくて、明らかに黒く変色してしまっている場合も効果はないでしょう。

その為に、これらの歯を含めてホワイトニングをした場合、その部分だけ浮いてしまうことがあります。

また、煙草を吸っている人は、吸わない人に比べて、ホワイトニングに時間がかかるそうです。

自分の歯はどうなのか、どれくらい白くなるのかなど、事前に検査してもらって、歯科医師とよく相談するようにしましょう。




関連記事