ホワイトニングの安全性


wホワイトニングは1989年にアメリカで実用化されてから20年が経過しています。

この間に大きな事故があったという報告はなく、世界中の研究機関でも安全性が確認されています。

以前は、歯の色素を溶かす方法でしたが、歯にダメージを与えてしまうことから、現在使用されている過酸化水素を使用したホワイトニング剤が誕生しました。

過酸化水素の研究が始まったのは、1884年です。

その頃からいろいろと研究をし、改良を何度も重ねて来て普及された方法になります。

現在では、アメリカのニューヨーク大学やニュージャージー医科歯科大学、日本の東京医科歯科大学など、多くの大学や研究機関で安全性が確認されています。

ホワイトニング剤に使用される過酸化水素についても、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)やADA(米国歯科医師会)にも認可されていて、安全なことが証明されています。

また、過酸化水素は厚生労働省でホワイトニング剤として許可もされています。

また過酸化水素は、オキシドールとしても使用されていたり、食品添加物にも使用されています。

各学会でもホワイトニングの安全性に関する研究や発表は頻繁に行われていて、ホワイトニング剤の安全性は認められています。

また、ホワイトニング剤に使用される過酸化水素は、歯をもろくしたり、エナメル質を溶かしたりすることがないと実証もされていて、安全性は認識されています。

その安全性が認められているホワイトニング剤ですが、まれにホームホワイトニングなどで歯がしみたり、知覚過敏のような症状を感じるという声もあります。

これは、ホワイトニング剤の使用量を調節したり使用方法などを再確認したりして、殆ど解決することが出来ます。



関連記事