歯を抜いたあと「再出血した時の対処法」


歯を抜いたはいいけど、「血が止まらない・・・」「再出血してしまった・・・」
そんな事態に遭遇したら不安になってしまうかと思います。
今回は、歯を抜いたあとに血が止まらない、一度血が止まった後に再び出血する場合の対処法についてお伝えします。

基本的な対処法

1、抜歯したところをガーゼで噛む

清潔なガーゼ、またはティッシュなどを、自分の歯と同じくらいの大きさに丸めて、30分間しっかりと噛み続けます。

その後、出血量が減れば、問題ありません。

2、うがいを控える

Fotolia_62375193_XS血が止まらないからといって口をゆすぎすぎてしまうと、血液のカサブタのようなものが剥がれ、血が止まりにくくなります。

口の中に血が溜まってしまう場合は、吐き出すようにして、できるだけゆすがないようにしましょう。

3、飲酒、激しい運動、長風呂はしない

Drinking抜歯をした後にお酒を飲んだり、運動や長風呂をすると、血液の循環が良くなり再度出血することがあります。

抜歯をした当日は、飲酒は避けて、運動は翌日以降に行ってください。

また、お風呂はシャワー程度にしましょう。

抜歯をした当日~2日後は、唾液に血が混じったり、血の味がしたりすることはありますが、異常がなければ出血や痛みは徐々に軽減してきます。

歯を抜いた部分は触らないようにして、体を安静にしましょう。

また、感染などのトラブルを避けるために、処方されたお薬は指示通りに飲んでください。

もし、それでも出血が続くようであれば、抜歯を行った歯科医院、または休日や夜間に診療を行っている歯科医院へ連絡し診てもらいましょう。


関連記事