親知らず(智歯)の注意点


「歯を抜く」というのが、気持ちの上で避けたいと思う人も多いと思います。

人によっては腫れますし、その他さまざまな事情で「抜けない」という方も、中にはいらっしゃるのではないかと思います。

実際、親知らずが生えてきた場合、根本的な治療としては抜歯が一番望ましいですが、抜かない時には十分注意が必要です。

その際の注意点というか、口腔内でのトラブルを防ぐ方法をお伝えします。

親知らずを抜かずにすませるためには、生えてきたときの早期発見がよいとされています。

そのためにも、こまめに歯科医院へ通って様子を見ることも大切です。

レントゲンを撮れば親知らずの状態はわかりますので、できれば「歯茎の中に隠れている状態」のときに適切なケアをするのが最も望ましいです。

親知らずの生え方は人それぞれですが、どういった生え方をしていても「しっかりブラッシングをして汚れを残さないようにする」ということが効果的です。

  • 親知らずの奥部分の汚れをしっかり取る
  • 歯と歯の隙間部分の汚れをしっかり取る

wisdom teeth attention現代では電動歯ブラシをお使いの方も少なくないのではないでしょうか。

歯磨きをするときについつい力を入れてしまいがちな方もいらっしゃる中で、必要以上に力も加わらないこのアイテムは歯にとっては非常に負担のかからないよいものだとは思いますが、普通の歯ブラシにしても、細かい部分まではどうしても汚れを落としきることは難しいです。

通常の歯ブラシに加えて、歯間ブラシやフロス、先の小さな歯ブラシなど複数のアイテムを用いて口腔内を清潔に保つことが、親知らずを残す際には非常に重要になってきます。

親知らずを抜かないでトラブルを防ぐには、歯周病などの原因も作らず、特に親知らず回りのケアを継続して行っていくことが大切です。




関連記事