親知らず(智歯)を抜く?抜かない?


Wisdom teeth extra or not親知らずを抜くか、抜かないか。

「怖いから抜きたくない」と思う人も多いのではないでしょうか。

患者様の中にも、「仕事があるから抜けない」「麻酔に弱い」という方は多いです。

言ってみれば外科手術の一種ですから、迷う方が多くて当然だと思います。

まず、親知らずが「歯」としての機能を持っているか。これは、抜くか抜かないかのポイントになります。

歯というものは、上下のかみ合わせがあってはじめてその役割を果たすものです。役割とは、主に食べ物の咀嚼です。

上下きちんとかみ合わさっていればその役割を果たしているため、普通の「歯」とかわりません。

また、きちんとまっすぐ生えてきていて痛みや炎症を伴わない場合も、無理に抜かなくてもいいといえるでしょう。「奥歯」として使えるからです。

最後に、これはあまり知られていないことかもしれませんが、親知らずを将来的に歯の土台として利用できる場合があります。

自分の口腔内で歯の移植をすることが可能になるのです。これらの条件を満たしていれば、抜く必要はないと言えるでしょう。

ですが、こういった条件がすべてそろうことは正直まれでしょう。
抜いたほうがよい場合の例のひとつに、隣の歯が虫歯になりやすい、ということがあります。
普通に歯磨きしていても奥歯はなかなか磨ききれないものです。
また、親知らずが生えてきたことで歯並びに影響が出ることもあります。
こういった場合もかみ合わせに影響が出て、ひいては頭痛や肩こりの原因になる場合もありますので多くの場合は抜歯を勧めます。
そして、4本しっかり生えていない状態。上下が揃っていれば咀嚼は可能ですが、どちらかしか生えていない場合は生えていないほうの歯肉を噛んでしまうことになり、歯茎が炎症を起こしてしまうがちなので、抜いたほうが後々のトラブル予防としてはよいかと思います。




関連記事