歯のことがよく分かるブログ

アスリートと歯


運動能力アップ!?アスリートと歯の意外な関係とは!?

リオオリンピックが今夏開催され、多くの感動が日本中を包みました。

その中でアスリートのパフォーマンスに歯が大きく関わっているのはご存知でしょうか?

一流アスリートは虫歯が少ない!?

shutterstock_99918869

オリンピック選手を対象に虫歯があるか調査した結果、虫歯がないと答えた選手の比率が男子は53.3%、女子は62.7%でした。

それに対し日本人の25歳の平均が男性は26.3%、女性が40.9%になります。これらの結果からアスリートは歯をとても大切にしていることがわかります。

歯と運動能力には密接な関係があり小学生を対象にした調査では、成績の悪いグループは虫歯などのトラブルが成績の良いグループよりも多いことが明らかになっています。

中学生や成人にしても同様の結果がみられています。

虫歯だけでなく歯並びも重要です。

shutterstock_202890970

噛み合わせが悪いと偏った噛み癖がついてしまいます。咬み合わせのずれによって重心移動に影響が出ます。

歯並びが悪いとパフォーマンスを低下させてしまうのです。

また、歯並びは筋力とも関係があり、力を発揮する際に人は歯を食いしばっています(全員が歯を食いしばっているわけではありません)。

研究によると約3割の人が運動中に歯を食いしばっており、力を発揮する時に顎が正しい位置になければ十分に力が発揮されないことも明らかにされています。

さらに歯並びの悪さは姿勢にも影響を与えます。

人間の体は多少のゆがみやズレは補正するように出来ています。しかし、ゆがみやズレが大きいと補正しきれません。

体のどこかにひずみが生じてしまい、その状態が長く続くと体全体の筋肉や骨格のバランスが崩れその結果姿勢が歪んでしまいます。

歪みが大きければ大きいほど補正するのに時間がかかる、もしくは補正しきれない状態でアスリートは競技に臨まなくてはならなくなるのです。

パフォーマンスを最大限に発揮することができるでしょうか?出来ないのです。

特にバランスが求められる動きに対しては歪みがない人との差が明確に出ます。

虫歯や歯並びの悪さは全身へ影響を与えることが明らかになっています!

トップアスリートは歯の重要性を理解しているので、トップを目指す選手は早いうちから矯正し、咬み合わせを正しくしているので、歯並びがきれいで虫歯が少ないアスリートが多いのも当然なのかもしれません。

日本の選手をはじめ、世界のトップアスリートの歯並びにも観戦の際には注目してみて下さいね。


関連記事一覧