コンセプト


新秋津歯科タナカでは患者様を中心に考え、様々な努力を行っております。

  1. 痛みに配慮します
  2. 歯を残す治療を最優先に考えます
  3. 治療回数を少なくします
  4. よく説明をします
  5. 待ち時間「0」を目指します
  6. 新秋津歯科タナカは「おもてなしの歯科医院」です

1-1.痛みに配慮した麻酔

コミュニケーション

麻酔が痛かった。処置が痛かった。だから歯医者には行きたくない。このような多くの声を患者様から耳にしてきました。
新秋津歯科タナカでは痛みなく治療を受けていただくため、麻酔の方法にはこだわっています。
歯医者の「痛い」をなくし、患者様の治療に対するストレスを少なくできるよう努めます。

痛みが極力少ない治療を行うためには、時間が必要です

そのため、当院では1人30分以上の治療時間をかけてゆっくり麻酔を行います。

麻酔を行ってからすぐに治療を行ったとしても麻酔が効いてない場合がほとんどで、痛いと感じる患者様が多いのではないでしょうか?

人間は、痛いと1度感じてしまうと少しの痛みでも敏感になってしまいます。

新秋津歯科タナカでは、1人の治療時間を十分にもうけて麻酔が効いてから治療を行っております。

細い注射針を使用する

痛みへの配慮のために、当院では基本的に33Gの注射針を使用しています。これは現在販売されている歯科用注射針では最細のものとなります。

電動麻酔器の使用

当院で使用している電動麻酔器は痛みの発生を極力抑えるよう、薬液の注入スピードがコンピューター制御されています。大変な優れものなので、全てのドクターが全てのケースで利用しています。

回数の調整による配慮

一度痛みを感じてしまうと、麻酔が効きにくくなってしまいますので確実に最初の麻酔を効かせることを心掛けています。それでも、処置中に痛みを感じることがあれば追加で麻酔をしますので、我慢せずに我慢せずにお伝えください。

ゆっくり麻酔の液を入れる

ゆっくり麻酔の液を入れる

表面麻酔を併用する

痛みを少なくするためには、麻酔の液をゆっくり打たなければいけません。

そのため新秋津歯科タナカでは、世界初コンピュータ制御コードレス注射器”アネジェクト”を使用しております。
「注射開始から注入速度が緩やかに上がる」痛みのない理想的な注射をコンピュータが自動的にコントロールしておりますので、お痛みはかなり少ないと思います。

 

 

表面麻酔を併用する

麻酔の液を体温に近い温度にする

当院では表面麻酔を用いることもありますが、麻酔時に痛みを生じさせないように様々な工夫をしています。麻酔をする際に痛みの感じやすさは部位・歯ぐきの厚み・炎症具合・不安感などによって異なります。これらを総合的に判断して、痛みが生じにくい麻酔を心がけています。
また、麻酔が効きすぎてしまって何時間も麻酔が切れなくて食事などにお困りにならないよう、適切な量の麻酔薬を使用するよう心掛けています。

また、麻酔の液が冷たいと体が麻酔の液が入ってきたと敏感に感じてしまいます。
新秋津歯科タナカでは、体温に近い温度に麻酔の液を設定しています。

その他留意していること

患者様とのコミュニケーションをとることを大切にしています。患者様にとって治療は非日常なことですから緊張するのは当然です。ただ、緊張していると痛みを感じやすくなりますので、患者様が出来るだけリラックスして治療を受けられる環境作りを目指しています。

企業秘密

その他にもちょっとしたテクニックを応用することで痛みが少ない麻酔を行うことができます。

新秋津歯科タナカでは、人間の知覚を利用した麻酔を行っています。

1~4までのステップで麻酔を行うと80%の患者様は、痛くないと答えてくれます。

しかし、中には、麻酔の効かない患者様がいます。

  1. 頭の中で麻酔=絶対痛いと思っている患者様
  2. もともとの痛みがひどい患者様
  3. 炎症のひどい患者様
  4. 時間のない患者様

 

上記のような場合は、痛みを訴える4大症状になります。

.の患者様は、とにかくリラックスです。

歯科医院に来て緊張するなというのも変な話ですが、スタッフ・歯科医とコミュニケーションをとってリラックスしましょう。

2.3.の患者様は、やはり痛みや炎症が強いとphの関係で麻酔が効きにくいために痛みを感じやすくなりますので、新秋津歯科タナカでは痛みや炎症の強い患者様は、まず薬を飲んでもらい痛みや炎症を鎮めてから治療を行うようにしています。

.の患者様は、時間がないときは無理に治療をするのではなく、時間があるときに治療を行いましょう。

上記以外でも、患者様の心理的に『歯医者=痛い』という方程式が成り立っていますので、患者様が「痛い・怖い」という心理状況のもと、痛みが少ない治療を行うことは困難となります。

新秋津歯科タナカでは、患者様とのコミュニケーションをしっかりとり、リラックスした状態で治療を受けられるように心がけております。

お痛みや炎症が強い場合は、麻酔が効きにくいので、痛くなるまえに歯科医院に行きましょう。

みなさんこのためにも、痛くなる前に歯科医院での定期健診を行いましょう。

その他留意していること

患者様とのコミュニケーションをとることを大切にしています。患者様にとって治療は非日常なことですから緊張するのは当然です。ただ、緊張していると痛みを感じやすくなりますので、患者様が出来るだけリラックスして治療を受けられる環境作りを目指しています。

1-2. 患者様とのコミュニケーション

コミュニケーション

新秋津歯科タナカのコンセプトは「おもてなしの歯科医院」です。歯科医院に通う際、痛い・怖いと思ったことは、ございませんか?我々は、そんな患者さんが少しでも楽しく通っていただきたいと思い、このようなコンセプトをモットーとしております。

受付時において

患者様は何かしらの困りごとがあって歯科医院にいらっしゃいますので、可能な限り患者様のご要望にお応えできるよう心掛けております。

問診・診察時において

まず、問診では患者様のお話をしっかり聞くようにしています。些細なことであっても、お困りのことがありましたら、ご相談ください。お口の中の感覚はとても繊細なので、私たちも診ただけでは診断ができないことがあります。そんな時、患者様からの一言が診断の鍵になることもあります。

初めて通う患者様に対して

患者様の歯科医院への不満の1つとして、「何をされているかわからない」と耳にします。当院では、患者様のお口の中がどうなっているのか、今後どこの歯を・どのように治療していくのかなど、しっかりとご説明した上で治療を開始しております。

その他配慮していること

「歯医者って通いだすと期間がかかる」との声より、治療回数を少なくできるよう、しっかりと治療計画を立て、患者様に寄り添った診療を心掛けています。例えば、1回の診療で1本ずつ治療をするのではなく、一度に処置する歯の本数を増やすことで治療回数を少なくすることが可能です。

2.歯を残す治療

歯を残すとは、単に「抜かない」ということだけではなく、歯を削る量も最小限にしていくことを意味します。

歯は削れば削るほど寿命が短くなります。また、昨今、インプラントが注目されていますが、やはりご自身の歯に勝るものはありません。

新秋津歯科タナカでは歯を削る場合は最小限に、歯はできる限り抜かない治療をご提案いたします。

3.治療回数を少なく

1本ずつしか治療をしてくれない、治療の期間が長いといった声に対応すべく、新秋津歯科タナカでは治療計画を立てて、治療回数をできる限り短くします。

4.わかりやすい説明

何をされているかわからない、いきなり削られたなど説明がほとんどなく治療が進んでいくことを経験されたことはありませんか?

新秋津歯科タナカでは、ご自身の体のことを知っていただきたいという思いから一つ一つをご説明いたします。

お口は生きていくためにもっとも大切な食事と呼吸の入り口です。

お口の状況や悪くしている原因や、その治療法、その後のケア方法を知ることは元気に生きていく秘訣だと考えています。

5.お待たせしない

ご予約は患者様と医院のお約束と考えています。スムーズな診療ができるよう、スタッフ一同準備をして患者様のご来院をお待ちしております。

ご予約時間に遅れる場合やキャンセルをされる場合は事前にご連絡くださいますよう、お願いいたします。

6.新秋津歯科タナカは「おもてなしの歯科医院」です

患者様を診るだけではなく、もてなす。
歯医者と言うと、ほとんどの患者様が痛い・怖い・行きたくない。
そんな歯医者を、患者様をもてなすことに少しでも癒すことができればと考え、
様々な努力を行っております。

新秋津歯科タナカの7つのサービス

1.挨拶

新秋津歯科タナカでは、患者様来院の際に笑顔と元気な挨拶でもてなす。
笑顔と挨拶は、基本ですね。
さわやかな笑顔と気持ちの良い挨拶で患者様をお迎えします。

2.待合室

待合室では、お茶とおしぼりで患者様をもてなす。
暑い中・寒い中の通院は大変ですよね。
新秋津歯科タナカへは、予約の5分前にお待ちください。

3.診察室

診療室では、コミュニケーションで患者様をもてなす。
診療室での待っている時間!苦痛に感じませんか?
新秋津歯科タナカでは、待っている時間にスタッフより診療内容などの説明やコミュニケーションで患者様をもてなすようにしおります。

4.診察台

患者様が診療台に座ったら、リップで唇をいたわる。
歯医者さんでは、口を引っ張ったり、器具を入れたりと、何かと唇に負担がかかり、嫌な思いをしたことは、ありませんか?
新秋津歯科タナカでは、全ての患者さんの唇をいたわるようにリップクリームを使用しています。

5.治療中

患者様が口をゆすいだら、ティッシュを差し出す。
気のきいたティッシュのサービス!
歯医者さんでは、型採りや麻酔で口元が汚れてしまう場面が多いですね。
そんな時にティッシュのサービスは、患者様の心をいやしてくれるでしょう。

6.お電話

患者様の電話には、笑顔で対応する。
緊張される初めての電話!
新秋津歯科タナカでは、患者様の緊張をほぐすように笑顔での電話応対を行っております。
質問や予約などお気軽にお問い合わせください。

7.記念撮影

診療終了後の記念撮影。新秋津歯科タナカでは、最後まで通ってくださった患者様と記念写真を撮影しています。
最後まで通われた患者様には、ドクターもスタッフも思い入れがありますので、記念に写真に残しております。
忘れずに定期検診にいらしてくださいね。