歯のことがよく分かるブログ

「チュー」で感染していた!?虫歯との関係性


「虫歯の菌は唾液を通して子どもに移ります!」

ママのおなかの中にいる赤ちゃんは無菌状態です。ではどこで感染しているのか?

おなかにいた赤ちゃんは産道を通ったときや、呼吸をしたりおっぱいを飲んだりしているうちに、常在菌といわれる菌が少しずつ口の中に侵入し住みつきます。これらの常在菌は体を保護する役割があります。ただし、赤ちゃんには体に良い常在菌だけでなく、悪さをする菌も侵入してきます。

同じスプーンやお箸などを使って食事をしたり、自分の食べているものをシェアしたり・・・ついついやってしまいますよね。また、お子さんがかわいいから、孫がかわいいからと、ついついキスしたり…。

これらの行為は唾液を通して虫歯の原因となるミュータンス菌に感染する機会を増やす原因になります。

虫歯の原因となるミュータンス菌とは?

ミュータンス菌は歯を住処とする細菌です。歯が生えないうちは、菌が口の中に入っても定着はしません。

歯が生えていない時期はあまり気にせず、十分なスキンシップを取る方が大切です。

では、いつぐらいから注意が必要か?

上下の歯が生え始めたら要注意!

乳歯は下の前歯が生後6ヶ月ごろから生え始めます。その後、3歳くらいですべての乳歯が生えます。もちろん個人差はありますが、なかなか生えないな、と思ったら歯医者さんにご相談してみましょう。

歯が生える=虫歯菌が住み着き始めますが、特に注意が必要なのは1歳7ヶ月から2歳半くらいまでの時期で、この時期がミュータンス菌に感染しやすいと言われています。

ミュータンス菌を定着させないためには?

もっとも大切な予防方法はミュータンス菌を入れないことです。ただ、侵入してしまったミュータンス菌に対抗する方法をお伝えします。

ミュータンス菌は砂糖が大好きです♪♪♪

砂糖を多く含む食品を摂りすぎたり、エサとなる歯垢を残さないようにきちんと歯磨きをして予防することが大切です。そうしないとミュータンス菌が定着してしまいます。

歯磨きをすることで汚れ(歯垢)を残さないことも大切ですが、虫歯予防の1つとして唾液の分泌量を増やすことも有効です。

唾液は歯についた汚れや食べかすを洗い流す浄化作用があります。虫歯を防ぐ作用があるのです。唾液はたえず唾液腺から分泌されていて、歯の表面を流れて歯についた食べかすや汚れを洗い流します。

さらに唾液は歯そのものを強くします。唾液に含まれるタンパク質は歯が溶けるのを防ぎ、カルシウムと結びつき歯を丈夫にしていきます。

唾液には虫歯予防の効果があるので、唾液量が多ければそれだけ効果が高いです。ただし、唾液だけでは虫歯予防になりません。食生活に注意して、きちんと歯ブラシをすることが大切です。


関連記事一覧