歯のことがよく分かるブログ

歯がなくなってしまった方へ


なぜなら、そのままにしていると反対側の歯が下がってきてしまったり、隣の歯が倒れてきてしまったりします。また咬み合わせがどんどん悪くなってきます。

歯がなくなってきてしまったら、入れ歯、インプラント、場合によってはブリッジなどのかぶせ物で対応できる場合があります。

ここでは、入れ歯についてご説明したいと思います。

入れ歯について

入れ歯にも、保険の入れ歯、自費の入れ歯、部分的な入れ歯、総入れ歯など種類もたくさんあります。ここでは、総入れ歯のお話をします。

総入れ歯

総入れ歯とは、歯が1本もない方に適応となります。

歯がないとお食事したりお話しするのが困難になりますので口の中へ人工の装置をいれます。これが総入れ歯になります。

総入れ歯にも種類があり、プラスチックでできたもの(保険適用のもの)と金属でできたもの(保険外のもの)があり、金属の入れ歯とはまず、床の部分が金属だから、熱伝導が良く食事がおいしいです!

味覚とは舌だけでなく温かいものや、冷たいものを口の中で感じることがおいしく感じることの1つです。総入れ歯になりますと、粘膜が装置に覆われてしまいますが、金属床では熱伝導性がいいので、食事の温度を自然に感じられます。

また、薄く作ることができるから、話しやすくて違和感が少ない!!

金属床を使用すると、保険内で製作する際の材質よりもお口に接する面を薄く作れることができます。違和感が少ないので会話もしやすく、ぴったりと合った入れ歯が出来上がります!!また、素材が金属なので割れにくく、変形もしにくいのが特徴です。

入れ歯を使用時の注意事項

・入れ歯には慣れが必要です。初めて使用する場合はうまく使いこなすまである程度の時間が必要です。不具合がある場合は早めに歯科医院に行く必要があります。

・部分入れ歯は、ある一定の方向からしか口の中に入れることができません。適当に無理矢理押し込んではいけません。なぜなら、バネが変形したり、折れたりしてしまいます。噛んで入れ歯で入れては、いけません。指を使って確実に入れるようにしましょう。

お手入れの仕方は、入れ歯をブラシできれいに汚れを落としましょう。そのあと、洗浄液につけましょう。部分入れ歯のバネの部分には汚れが溜まりやすいのでしっかり磨きましょう。

最後に入れ歯を入れたら、しっかり定期検診を受けましょう。半年から1年以内には担当医に入れ歯の確認をして確認しましょう。