インプラント治療の流れ


インプラントの治療の流れは、インプラント治療の術式によって少しずつ違いますので、いくつかのインプラント治療の流れをご紹介します。

1 回法の手術によるインプラント治療)

1回の手術で済ませる術式

診察、CTやレントゲンの検査、カウンセリングをし、治療計画を決めます。

シンプラントというコンピュータシステムによるシミュレーションを行う場合もあります。

(骨の補強の為の手術が必要な場合はその手術をおこない、3~6か月間、治癒を待ちます。)

インプラント埋入の手術をします。

1ヶ月半から半年の間、埋め込んだ人口の歯根が顎骨と結合するのを待ちます。

その期間は仮歯を装着し、1ヶ月に1回程度の検診を受けます。

埋め込んだ人工歯根が顎骨にしっかり結合した事が確認された後、人工歯を装着します。

2 回法の手術によるインプラント治療)

2回の手術をおこなう術式

診察、CTやレントゲンの検査、カウンセリングをし、治療計画を決めます。

シンプラントというコンピュータシステムによるシミュレーションを行う場合もあります。

(骨の補強の為の手術が必要な場合はその手術をおこない、3~6か月間、治癒を待ちます。)

インプラント埋入の手術をします。

いったん歯肉を縫合して、1ヶ月半から半年の間、埋め込んだ人口の歯根が顎骨と結合するのを待ちます。

埋め込んだ人工歯根が顎骨にしっかり結合した事が確認された後、人工歯を装着します。

イミディエイト術式)

即日インプラント手術

診察、CTやレントゲンの検査、カウンセリングをし、治療計画を決めます。

コンピュータシステムによるシミュレーションを行い、確実に初期固定をします。

インプラント埋入の手術をし、義歯を装着します。

埋め込んだ人工歯根が顎骨にしっかり結合した事が確認された後、人工歯を装着します。


関連記事