歯科インプラントの治療方法


インプラント治療を行う場合は、CTなどの検査をし、治療計画を立てます。

その計画に従って、手術の術式が選ばれます。

検査後、手術の前には歯周病菌をなくす為の初期治療をして、歯石を除去し、口腔内をきれいにします。

インプラントの手術にはいくつかの方法がありますのでご紹介します。

2 回法)

implant method人工歯根を顎骨に埋入した後、1ヶ月半から半年の間、埋め込んだ人口の歯根が顎骨と結合するのを待ちます。この期間は仮歯を装着し、1ヶ月に1回程度の検診を受けます。

埋め込んだ人工歯根が顎骨にしっかり結合した事が確認された後、連結の為のアバットメントと人工歯を装着します。

この方法は2回手術をしなければなりませんが、いったん歯肉を閉じるので、感染の危険が少なく、成功率が高いことから、多くの場合に使われている方法です。

1 回法)

人工歯根を顎骨に埋入します。この際にアバットメントも連結させます。

その後、1ヶ月半から半年の間、埋め込んだ人口の歯根が顎骨と結合するのを待ちます。

この期間は仮歯を装着し、1ヶ月に1回程度の検診を受けます。

埋め込んだ人工歯根が顎骨にしっかり結合した事が確認された後、人工歯を装着します。

この方法は、1回の手術ですみ、身体的負担を少なくできるだけでなく、費用も抑えられます。

ただし、骨の強さが十分にない場合には、2回法が適用されます。

痛みに配慮した治療

無切開、無剥離でおこなうフラップレス術という術式のことです。

CT撮影によるデータで術前にコンピュータシュミレーションをして、埋入位置を決めてから、手術をする為、手術中や術後の腫れ、痛み、出血がほとんどない痛の少ない治療です。

どの方法で治療した場合にも、手術後には定期的に健診を受けることが必要です。


関連記事