『インプラントのメンテナンス』について


インプラントインプラント治療が完治し、快適な日常生活が戻ってきても忘れてはいけないのが『メンテナンス』です。

どんな長生きな人にも寿命があるように、歯の治療に使われるインプラントにも寿命があります。

長く快適なインプラントライフを送るためにはどうしたらよいのでしょうか?

治療後のメンテナンス

秋津の歯医者の口コミインプラントを入れたからといって何か特別な事をしなければいけないわけではありません。

基本的には、天然歯と同じようにしっかりと歯みがきをするだけです。

ただ、インプラントは人工物なので、天然歯と違って接合部(境目)があります。

その部分は汚れがたまりやすい部分であり、また、汚れを落としにくい部分でもあるので、歯ブラシと一緒に歯間ブラシやデンタルフロスを使って丁寧に磨くようにしましょう。

メンテナンスを怠るとどうなるの?

清潔な口腔内インプラントが虫歯になることはありません。

しかし、ブラッシング不良で磨き残しがあった場合、プラークという細菌の塊になり、インプラントの周りの骨や歯茎が炎症を起こす恐れがあります。

これを『インプラント周囲炎』といい、インプラント周囲炎が進行すると、インプラントがあごの骨から抜け落ちてしまいます。

また、長期にわたりメンテナンスでの噛み合わせの調整を行わないまま放置していた場合にも、インプラントに過剰な負担がかかることで抜け落ちてしまう恐れがあります。

インプラントは、治療後のメンテナンス次第でその機能が活かされるかどうかが分かれます。

定期的に歯科医院でメンテナンスを受けるようにしましょう。


関連記事