入れ歯(義歯)


入れ歯(義歯)でお悩みの方へ骨がやせてしまい、入れ歯(義歯)が安定しなくなり、口の中でズレてしまう方や最近入れ歯をつけると痛い時がある、食事が上手にできない、話しづらいなど…
お悩みの方は非常に多いです。

入れ歯(義歯)の自己診断

入れ歯(義歯)があっているかどうかは、以下のようなチェックをすることで分かります。

3つ以上あてはまるなら、今お使いの入れ歯(義歯)は合っていないので、早く作り直すことをお勧めします。

  • 入れ歯(義歯)のことが一日一回は気になる。
  • 食事前に、食べ物の硬さが気になる。
  • 噛んだときに歯が浮いている感じがする。
  • 口臭を指摘される。
  • 入れ歯(義歯)が合ってない気がする。
  • 入れ歯(義歯)を外したくなる。
  • 言葉が聞き取りにくいといわれる。
  • 硬いものを噛むと痛い。
  • 入れ歯(義歯)が外れる。
  • 入れ歯(義歯)だと指摘されたことがある。
  • 話した時にカチカチ歯の当たる音がする。
  • 食べ物の味が変わったように感じる。

良い入れ歯(義歯)とは、歯科医師が一つひとつ手作りする入れ歯(義歯)です。

床が歯茎に隙間なくフィットし、物を噛んだ痛みや辛さを感じたりせず、まるで自分の歯のように全く違和感がない入れ歯(義歯)の事です。

そして食べ物の味を損ねたり、入れ歯特有のニオイもなく、長期間の過酷な使用にも変形、変質する心配もありません。

見た目も入れ歯(義歯)と分からないほど自然で、このような入れ歯(義歯)は実際に日本でも手に入れることができるのです。

良い入れ歯(義歯)を使用することが、みなさんの健康を維持するためにおいても、体のためにも大変大切です。

歯科タナカ流 オーダーメイド入れ歯

歯科タナカ流 オーダーメイド入れ歯技工士任せではなく、担当歯科医師が自ら作ります。

治療時間を十分にとって、丁寧で確実な治療を心がけます
(そのため、同じ工程を2度3度する場合もあります。)

どんな要望にもお応えします(形、材質、歯の色など)。

オーダーメイド入れ歯(義歯)製作の流れ

1日目 ようこそ歯科タナカへ!!

まずは、今までの入れ歯(義歯)への思いをお話ください。

良い入れ歯(義歯)を作るには、この時間が非常に重要です。
レントゲン撮影、お口の中の視診、触診、残っている歯の検査、写真撮影、研究用模型の型採り、顎関節の状態、顔の筋肉の状態…などなど様々な項目を診ていきます。

1時間では足りない場合もあります。

2日目 診断、治療計画の説明、お見積もり

現在の状況でできる数パターンの選択肢を提示し、患者様の希望を聞きながらお互いが納得できる方法を決めましょう。

費用についても、この段階で概算を出しますので、ご安心ください。

費用についても十分納得されてから、治療を開始します。

3日目 精密なお口の型採り

先に採っておいた模型上で、様々な項目を考慮して、患者様に合った専用のトレーを作っておきます。

この型採りが、良い入れ歯(義歯)ができるかどうかの最初の分かれ道になります!

4日目 噛み合わせの高さや唇の張りのチェック

精密に型採りをした模型上で、入れ歯(義歯)の原型を作ります(まだ歯は並んでいません)。

これを用いて、噛み合わせの高さ、唇や口の周りの筋肉との調和、頭蓋との位置関係、入れ歯(義歯)に用いる人工の歯の色や形…などをチェックします。

この工程をきちんと行うかどうかがオーダーメイドの入れ歯(義歯)の出来を左右します。

しかし残念ながら、多くの歯科医院で、この大事な工程を省いて技工士に丸投げするというケースが実に多く存在しています。

5日目 完成前の最終試適

ここまで来れば、完成まであと少し!
実際に歯を並べた状態で、口の中に入れてみて、見える部分の歯並びや、噛み合う部分の歯並び、口の周りの筋肉や粘膜との調和、発音…をチェックし、問題点を探し、修正します。

6日目 完成!!

ここまで、最短で6日ですね。

期間にすると1ヶ月~1ヶ月半です。

しかし、どんなに精密に作っても、入れ歯(義歯)の調整は必須です。

なるべく、1~2日後、1週間後、1ヶ月後のご予約をお取りください。

入れ歯(義歯)の完成後の注意点

満足に何でも噛めるようになるには個人差があり、数週間~数ヶ月かかります。

始めは、噛みやすい物から、徐々に色々な物にトライしていきましょう。

発音も慣れるまで時間がかかる場合は、声に出して新聞を読むなどの練習が必要な場合もあります。

入れ歯は不潔になりやすいため、毎食後の洗浄と、寝るときに義歯洗浄剤に漬けておく事をお勧めします。

市販の義歯安定剤はなるべく使わず、問題が生じたら当医院へご連絡下さい。

多くの場合、問題が生じても、調整をすれば解決しますので、お一人で悩まずに、お気軽にお申し付けください。

通常の入れ歯(義歯)では、満足できない方へ

どうしても食事の時、外れやすい。

吐き気がしたり、気持ち悪くなる。

どうしても話しづらい。

味覚、触覚などが感じにくくなる。

金具(バネ)が見えるのが嫌だ。

インプラントを併用した入れ歯で解決できます!!

当医院では、数多くの症例を行なっていますので、お気軽にご相談下さい。

インプラントを併用した入れ歯(義歯)にすると…

インプラントと入れ歯(義歯)の間を、マグネットやボール状のアタッチメントを使って、外れにくくする事ができます。

また、完全に固定する事もできます。

上アゴの天井の部分が大きいと、気持ち悪くなってしまう方や話しづらくなってしまう方は、この部分をくり抜く事ができます。

インプラントを骨に埋める事によって、骨の吸収を抑制する事に繋がり、入れ歯(義歯)が緩くなって合わなくなる事が減ります。

バネの金具の見える部分を少なくする事ができます。

入れ歯(義歯)では難しいすれ違いの噛み合わせでも、しっかり噛み合わせる事ができます。

 

費用について

入れ歯(義歯)(保険外) 1床 20~100万円
インプラント 1本 25万円
骨造成 1箇所 10~20万円
オペ時の麻酔 1回 7万円
アタッチメント 1本 10~15万円
アバットメント 1本 6万円

支払い方法

  • 現金一括払い(窓口、銀行振込み)
  • 現金分割払い(型採り時に半金、完成時に半金)
  • 各種クレジットカード
  • デンタルローン(低金利)

 

※オペの必要な場合、オペに係る費用はオペ時にお支払い頂きます。

※お支払い頂いた半金は返金できません。


関連記事