インプラント


新秋津歯科タナカのインプラント

新秋津歯科タナカのインプラントインプラントという言葉を近年歯科においてよく耳にしますが、そもそもインプラントとはどういったものなのでしょうか?

1952年にスウェーデンのブローネマルク博士が、チタンと骨が結合する「オッセオインテグレーション(骨結合)」を偶然発見したことから実験を重ね、歯科治療に応用したものです。

 

 

インプラントの利点と欠点

インプラントの利点
  • 自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかる。
  • ブリッジのように、健康な歯を削らないで治療できる。
  • 天然歯と区別がつかないほどの外観に回復できる。
  • インプラントの周りに骨が作られるため、顎の骨が痩せるのを防ぐ。
  • 発音に支障をきたすことが少ない。
  • 入れ歯と違って違和感が少ない。
  • 長期間安定した噛み合わせを維持できる。
  • しっかりしたメンテナンスにより、長期間の使用が可能。
  • 治療期間が短いケースもある。(即時荷重・早期荷重)
インプラントの欠点
  • 外科的手術が必要。
  • 治療期間が長い(ただし、治療回数は他の治療とさほど変わりがない)。
  • 保険が適用されないため治療費が高額になる。
  • 骨の吸収が大きい場合など、適用とならない場合がある。(骨移植を行う場合がある⇒要相談)
  • 骨粗鬆症や自己免疫疾患など全身的な状態(重度の糖尿病・心臓疾患・脳疾患・悪性腫瘍などの全身疾患の方、コントロールされていない循環器疾患・精神疾患の方、医師とのコミュニケーションが取れない方、非協力的な方、口腔内の衛生状態の改善がみられない方)などに適用にならない場合がある。
  • インプラント手術・口腔外科手術が可能な熟練した医師及び設備の整った施設が少ない。
  • 上部構造(人工歯)に、トラブル(小さな破折・ネジのゆるみ等)が生ずる事が稀にある。

インプラントと総入れ歯の比較

インプラントと総入れ歯の比較総入れ歯とは、すべての歯を失った時に歯ぐきの上に装着する人口の歯です。

利点

  • 取り外しできるため清掃が簡単
  • 一般歯科で治療ができる
  • 素材によっては健康保険が適応となる

欠点

  • 口の中の粘膜を覆うため異物感がある
  • 天然の歯のように強い力で噛むことが難しい
  • 上の入れ歯は外れやすく、下の入れ歯は動きやすく生活に支障をきたす場合がある
  • 痛みが出やすく、壊れやすい
  • 発音しづらく、味覚・温度感覚が阻害されます

インプラントと部分入れ歯の比較

部分入れ歯とは、歯は残っていますが、多数の歯を失った(ブリッジでは治療できない)場合に装着する取り外し式の歯です。

利点
  • インプラントと部分入れ歯の比較取り外しできるため清掃が簡単。
  • 一般歯科で治療ができる。
  • 素材によっては健康保険が適応となる。
欠点
  • インプラントと部分入れ歯の比較口の中の粘膜を覆うため異物感がある。
  • 天然の歯のように強い力で噛むことが難しい。
  • 部分入れ歯が口の中で動きやすく生活に支障をきたす場合がある。
  • 痛みが出やすく、壊れやすい。
  • 発音しづらく、味覚・温度感覚が阻害されます。
  • 部分入れ歯を固定するため、部分的に歯を削る必要がある。
  • 残っている歯にバネをかけるため汚れがたまりやすくなる。

世界No1インプラント ノーべルバイオケア

世界No1インプラント ノーべルバイオケア渋谷インプラントセンター(ホワイトエッセンス渋谷)では、患者様に提供するインプラントを厳選し、世界シェアNo1インプラントの“ノーベルバイオケア”社を選択、ご提供しております。

現在、世界には、200社のインプラントメーカーがあり、日本には40社のインプラントメーカーが存在しています。

インプラントの世界では、様々な研究が進み日進月歩の世界で、10年前のインプラントと現在のインプラントでは、全く違うインプラントに進化しております。

また、毎年のようにインプラントの形態や表面性状にアップデートが行われています。

マテリアル(材料)

マテリアル(材料)ノーベルバイオケア社のインプラントは、20年以上に渡り、化学的に安定した純チタンでインプラントを生産しています。

インプラント表面性状(タイユナイト)

インプラント表面性状(タイユナイト)ノーベルバイオケア社は2000年に、酸化チタンの表面性状を有するタイユナイトを発売しました。

タイユナイトの表面性状は、歴史があり、インプラントの骨電導性が向上し、骨の形成が進むので、インプラントを埋入した後の初期固定が断然良いです。

インプラントの表面性状とは、極めて重要な要素となります。

患者さんにとっては、わからない要素の1つですが、このインプラントの表面性状で骨との結合が決まりますので、我々ドクターにとっては、死活問題となります。

ノーベルバイオケア社の表面性状はタイユナイトと呼ばれ、歴史も古く、世界中の国々で使用されています。

ノーベルバイオケアのインプラントは、なぜ、歯科医に選ばれるのか?

ノーベルバイオケア社ノーベルバイオケア社は、インプラントが開発されたスエーデンで、設立されました。現在は、スイスに拠点を移し、製品開発や製造を行っています。

1965年にブローネマルク博士は、インプラントと骨が結合することを発見しました。

ノーベルバイオケア社は、この骨と結合するインプラントを、世界で初めて製品化しました。つまり、世界で初めてインプラントシステムを形にして、世に送り出したとなります。

この初のインプラントシステムをブローネマルクシステムと呼び、ブローネマルク博士の名前が、由来となっています。

このシステムは、世界で最も古く歴史があり、数多くの論文に掲載されています。現在では、ノーベルアクティブやノーベルコニカルコネクションなどの新しいインプラントシステムが、開発されています。

また、インプラントの埋入シュミレーションを行うことができる、ノーベルクリニシャンというソフトが開発され、多くのドクターがこのソフトを使用して、インプラントの埋入計画を立てることにより、イメージしてインプラントオペをすることができるので、ミスが少なくなりました。

誰もが知っているノーベルバイオケアのインプラントは、他歯科医院で行ったノーベルバイオケアのインプラントシステムならば、世界中でパーツを得ることができますので、安心して国内でも海外でも治療を受けることができます。

最新インプラント(ノーベルコニカルコネクションシステム)

最新インプラント(ノーベルコニカルコネクションシステム)様々な上部の連結システムがあり、補綴種類(かぶせ物)も豊富にあるので、選択肢が非常に多くの中より選べます。

頸部のデザインは、インプラント周囲の骨の吸収を防ぐプラットホームシフティングとなっており、現在のインプラントシステムの中で、最も近代的なデザインとなっています。

インプラントの表面性状は、タイユナイトを採用しており、長い臨床応用された表面性状ですので、安心して使用できます。

歯根形態をしていますので、抜歯後にすぐにインプラントを埋入することができたり、歯根形態を生かしたインプラントを応用できます。

アバットメント(土台)とインプラントの連結は、ヘキサゴン(六角形)でコニカルシールタイプで、密着性に優れ、現在のインプラントシステムの良いところを新しく取り入れています。


関連記事