ブラキシズム


ブラキシズム(Bruxism)とは、歯科で使用される専門用語で、口やその周辺の器官にみられる異常な運動や、習慣的な癖を意味します。

広い意味では、爪かみや舌突出(舌をペロペロさせる)、頬杖をつくなどの口腔の悪習慣全般を指すこともありますが、一般的には単純に歯ぎしり(歯軋り)として使われることが多いようです。

狭義のブラキシズム(歯ぎしり)は、睡眠時や覚醒時を問わず、歯をすり合せたり、かみ締めたりする、咀嚼筋(かむための筋肉)の異常運動を指します。

眠っている時の歯ぎしりだけでなく、日中でも無意識のうちに歯を食いしばってしまったり、食事中でもないのに、かむための筋肉が異常な動きをしてしまうことなども含まれます。

ブラキシズム(歯ぎしり)は、大きく分けると以下の3つに分類されます。

グラインディング

「ギリギリ」と上下の歯をこすり合わせる運動のことを指します。大きな音を立てて、強い力が加わるので、歯のすり減りが起こりやすいことが特徴です。

睡眠中に発生することが多く、一般に呼ばれる「歯ぎしり」は、グラインディングを指すことが多いです。

 

 

クレンチング

「グッ」と上下の歯を強くかみしめる(食いしばる)動作のことを指します。

覚醒時に無意識にやっていることが多く、自覚症状がない上に、音も出ないので、周囲の人にも気づかれないことが多いのが特徴です。

タッピング

「カチカチ」と上下の歯を小刻みにかみ合わせる動作のことを指します。

上記の2つと比べると、比較的起こりにくく、ブラキシズム(歯ぎしり)の中では珍しいタイプと言えます。

このように、様々なタイプに分かれるブラキシズム(歯ぎしり)ですが、いずれも本人の自覚がなく、無意識に行われているのが最大の共通点です。

継続的にブラキシズム(歯ぎしり)が起こると、歯や筋肉、あごの関節などに大きな負担がかかり、破壊する結果になり兼ねません。

朝起きた時などにあごの疲れを感じたら、まずこのような症状を疑ってみるべきでしょう。


関連記事