セレック


「セレック」とはセラミックの加工や形成を院内で行うことが出来る機械です。

つまりセラミックを使用した歯科治療は、今まで型をとってからセットが完了するまでに2~3週間かかることもありましたが、これを大幅に短縮して短期間で治療をすることが可能なのです。

 

セレックを利用した治療では、型取りを行った後に3Dの専用ソフトを使って設計をします。

(最近では専用の光学カメラを利用して型取りを行わないクリニックもあります。)

設計データをもとにして作成をしてセットを行えば治療は完了なので、短い方では当日に治療を終えることができます。

セレックはセラミックを利用するので、保険外の診療になり治療費が掛ります。

けれどもスピーディーかつ審美的な観点に拘った治療を行いたい場合には、やはり保険適用の銀歯よりは天然の歯に近い色調を選ぶことが出来る、セレックを使用したセラミック治療がお勧めです。

勿論セレックにもデメリットがあります。

  • 1つのキューブからクラウンを形成するので色合わせは難しいですし、
  • 全自動で形成を行うために細かい形状までは対応できないこともあります。
  • 腕のいい技工士さんが作製したクラウンの方が、形態的に優れていると感じる医師も沢山居ます。
  • けれども何と言ってもセレックは治療がスピーディー。
  • そしてオールセラミックでも可能なので、金属アレルギーがある方でも安心して治療を受けることが出来ます
  • また金属を使用した治療の場合、素材によっては相場に影響されて治療費が変化することがあります。
  • セレックではセラミックを使用しますが、安定した供給があり且つ金属を使用していないために、このような相場の影響を受けることはほとんどありません。
  • 安定した価格で治療を受けることが出来るのは魅力ですよね。




関連記事