硬質レジンクラウン


「硬質レジンジャケットクラウン」とは、虫歯の治療の際に使用される人工歯の中でも、保険が適用されるので数千円で治療をすることが出来人気がある素材です。

「硬質レジン前装冠」と呼ばれる、中に金属を入れたクラウンは強度がありこちらも保険適用なので、最近では強度的な問題から中に金属をいれたクラウンを使用することも多くなりました。

 

硬質レジンジャケットクラウン自体には金属は使用されていないので、金属アレルギーの心配はなく、また金属が溶け出して歯や歯茎が変色してしまうこともありません。

保険適用で且つ白い素材なので、金属のクラウンよりも審美的な観点から人気があります。

とはいえセラミック程は色調が豊かではないので、「金属のクラウンよりも天然の歯に近い」程度のイメージです。

天然の歯と同様の色調を求めるのであれば、やはりセラミックなどの保険適用外のクラウンをお勧めします。

 

硬質レジンジャケットクラウンは、時間が経ってしまうと変色します。

また強度が強くないので保険適用では奥歯に使用することは出来ません。

噛みあわせが強い部分には向かないので、全ての虫歯を保険適用で治療しようと考えた場合には、奥歯がメタル素材の金属を利用したクラウンで、前歯が硬質レジンジャケットクラウン等と言うように使い分けをする必要があります。

 

  • 治療において審美的な面を優先したいのであれば、
  • 治療する歯が複数の場合には、
  • 保険適用と保険適用外のクラウンを上手に使い分けることも大切です。
  • 担当医によって得意な素材等もあるので、
  • 自分が使用したい素材の治療経験が豊富な医師を選びましょう。
  • 医師の技量によって持ちや審美的な観点が左右されることも数多くあります。

関連記事