ジルコニアクラウン


「ジルコニアクラウン」は、

「メタルボンド」の内側に金属ではなくジルコニアを使用しているクラウンです。

金属を使用していないので金属アレルギーが起きる心配はなく、また経年によって金属が錆びて溶け出すことで歯や歯茎の変色を招くこともありません。

強度もあるので奥歯などの力のかかる歯に使用することも可能です。

ジルコニアクラウンは何と言っても、

審美的な面でオールセラミッククラウンには若干劣ると言われるものの、非常に優れている点で人気があります。

オールセラミッククラウンはジルコニアクラウンに比べて強度がないので、使用したい部位によって使い分けることが数多くあります。

ジルコニアクラウンは保険適用外の為、

治療費は1本で10万円~20万円と高価になってしまいますが、奥歯の様に強い力のかかる歯は保険適用だと金属を使用したクラウンしか使えないので、審美的な面を考える方にとっては結局保険適用外のクラウンしか選択肢がありません。

強度に優れて審美性の高いジルコニアクラウンですが、

比較的新しい素材の為に経年による変化はまだはっきりとわかっていない部分もあります。

また天然の歯よりも硬いので、天然の歯を削ってしまう可能性もあります。

そしてごく稀にジルコニアを覆っているセラミックの部分が破損をすることもあります。

但しジルコニアクラウンはオールセラミッククラウンとは違い、仮止めをすることが出来るので審美的な面等を確認しながら装着をすることが可能です。

クラウンの素材は多くありますが、

素材だけに拘らずに自分の症例や部位にあったクラウンを選択して、メンテナンスをきちんと受けることが大切です。

セルフケアを怠ってしまうと折角のクラウンの寿命が短くなってしまいます。

定期的に健診やアフターケアを受けることを心がけましょう。


関連記事