メタルインレー


「メタルインレー」とは、虫歯の治療の際に詰め物として使用される金属製のものです。

銀色をしている合金で基本的には保険適用で使用することが出来るインレーです。

メタルインレーを使用する場合には、

保険適用だと1000円~2000円、

保険適用外だと5000円~数万円の治療費が掛ります。

ceramic metal inlayメタルインレーは「治療費をなるべく安く抑えたい」方にお勧めのインレーですが、金属を利用しているので金属アレルギーが起こる可能性があり、経年によって金属が溶け出して歯や歯茎が変色してしまうこともあります。

錆びにくいとされている貴金属は保険適用の治療では利用することが出来ません。

審美的な観点に拘る方はメタルインレーではなく、「レジン」や「セラミック」等の、天然の歯に近い色のインレーを選ぶことをお勧めします。

レジンは保険適用での治療にも使用可能です。

但し強度はメタルインレーよりも劣るので、

治療に使用することの出来る歯が限られてしまうこともあります。

メタルインレーはレジンやセラミックと比較して、強度に優れているので強い力がかかる奥歯等の治療にも使用することが出来ます。

またレジンのように経年による変色がないことも、メタルインレーの優れた点と言われています。

メタルインレーを用いた治療では、維持の為にレジンよりも歯を削る量が多くなりますが、歯とインレーの隙間から生じる二次虫歯や材質の摩擦がない等のメリットもあります。

 

  • 前歯の様に目立つ場所はレジンやセラミックを利用して、
  • 奥歯の様に強度が必要な場所はメタルインレー等と、
  • 使い分けをするクリニックも沢山あります。
  • 素材だけに拘らずにそれぞれの特徴をよく知り症例にあった治療法を選ぶことが大切です。

関連記事