受け口の小児矯正歯科治療


最近は、小児矯正をする子どもが増えて来ました。

日本でも、健康意識や美意識の向上によって、歯に対する関心が高まって来ているのだと思います。

子どもの歯は、乳歯から永久歯に生え変わります。

歯が自然にきれいに生えれば理想的なのですが、変わる前の乳歯の時に、既に噛み合わせに問題が生じている場合もあります。

上の歯と下の歯が上下逆になっている場合、一般的に受け口とよばれますが、この受け口の場合には、将来的に様々な影響が考えられます。

受け口の場合には、顎の成長にも影響を与えることがあるので注意が必要です。

また顔が曲がって成長すると、成長と共に顔の輪郭までも変えてしまう可能性があります。

Little Girl Outdoors一般的に受け口の人は、顔の輪郭が三日月型のようになってしまう傾向があるので、このような点も考慮し、気になる場合には早めに歯科医に相談すると良いでしょう。

また受け口の場合は、明確な発音ができないこともあり、このような場合には、勉強や生活面でも不都合を感じる可能性が考えられます。

食事をする際には、前歯使って正しく噛みきれないこともあります。

このような場合、小児矯正によって顎を調整しながら治して行きますが、子どもにとっては心理的負担も同時にかかります。

顎の成長を抑えたり、または促したりする際、ヘッドギアのような大掛かりな装置を使って調整して行くこともあり、このような場合には、見た目を気にして苦痛に感じる可能性があります。

また歯磨きが不十分となり、虫歯になる可能性も考えられます。

歯の状態によっては、小児矯正は長期化する場合もあります。

また小児矯正を行った後でも、更に成人してから再度矯正治療が必要になるケースもあるので、このような点を考慮した上で歯科治療を始めると良いと思います。


関連記事