歯周病と口臭


t朝起きて自分の口臭が気になったら歯周病ではないかと疑ってみてください。実は、歯周病と口臭に深い関係があるのです。

人とおしゃべりしていて相手の口臭が気になったことはありませんか。

相手の口臭が気になると自分の口臭はくさくないだろうかと心配になったりするものです。

口臭予防は現代人のエチケットですから、何が原因なのかを調べて改善しなくてはいけません。

原因

口臭がまったくない人はいませんが、口臭の原因にはさまざまなものがあります。

生理的な原因

だれにでもある生理的口臭は、朝起きた時や空腹時に出るものです。

その他の場合では、緊張した時や女性は月経の時に生理的口臭が発生します。また、高齢になると唾液の分泌が少なくなり口臭が発生します。

病的な原因

口の中の病気が原因で口臭は発生するのですが、主な病気は歯周病です。歯周病と口臭には深い関係があるのです。

糖尿病が歯周病に影響して、口臭がさらに悪化する場合もあります。

心因性の原因

口臭がそれほどひどくないのに臭いがきついと思い悩んでしまう場合があります。精神的なことが原因ですので、カウンセリングによる治療が必要です。

自己判定の方法

口の中に臭いの原因があるかどうかを判定する方法は以下のようなものがあります。

口を閉じて鼻から息を吐いた場合に悪臭がすれば、臭いの原因は全身にあります。

鼻を閉じて口から息を吐いた場合に悪臭がすれば、臭いの原因は口の中にあります。

予防

最近は薬局に口臭をケアするものが数多く並んでいますが、まずは歯周病かどうかをチェックしてみましょう。

そのためには歯科医院で検査を受けることをおすすめします。

歯周病と口臭には密接な関係がありますので、予防するためには定期的にチェックすることが大切です。


関連記事