歯周病の治療


歯周病は早期に発見できないため骨を溶かすほど進行していることがあります。

たとえ歯周病の治療をして落ち着いたとしても、溶けた骨を元に戻すことはできませんので早期に治療しなくてはなりません。

以下では歯周病の治療の一般的な流れについてご説明します。

初診

まず初診の時は歯周病の検査をします。口の中の写真やレントゲンを撮影して、歯周ポケットの状態をチェックします。診察する時に歯周病の治療方針を決定します。

初期の治療

  • 歯磨き指導
    初期の段階では口の中の磨き残しを取り除くようにするため、ブラッシング指導を行います。

    また、ブラッシングだけでなく大まかな歯石の除去も行います。これにより歯周病菌はかなり減少します。

  • 抜歯
    歯周病菌の原因が除去できないような場合には、抜歯しなくてはなりません。放置しておくと他の歯に感染してしまう危険性があるからです。
  • 義歯あるいは仮歯を作る
    抜歯したところを放置しておくと他の歯に負担がかかりますので、義歯あるいは仮歯を作製します。
  • ルートプレーニング
    歯周ポケットの深いところの歯石や汚染物質を除去します。歯肉の下の歯石を取り除きますので、麻酔が必要となります。
  • 噛み合わせについて
    噛み合わせが悪いと歯に大きな負担がかかりますので、強く当たっている部分を削って調整します。

再検査

ルートプレーニングを行った歯周病ポケットを検査して、どの程度まで治ったのかをチャックします。問題が残った場合には外科的処置を行います。

外科的処置

外科的処置のことをフラップ・オペレーションと言います。これはルートプレーニングでも除去できなかった歯石や汚染物質を取り除く治療のことです。歯肉に麻酔をかけて中を切り開いて中を見ながら処置します。

最終検査

フラップ・オペレーションの結果をチェックします。

定期検査

再発防止のため定期的に検査してメンテナンスします。


関連記事