歯のことがよく分かるブログ

CTレントゲンでここまでわかる!隠れた病巣も発見


最近耳にする歯科用CTレントゲン。今までのレントゲンとは何が違うのでしょうか?

花子
このレントゲン写真、なんだか今までのものと全然違いますね!
細かいところまではっきりと写っています!

麗子
それはCTレントゲンというものよ。
このレントゲンを使うと歯の根や歯槽骨の状態まではっきりと分かるのよ。

秋津太郎
その通り。
CTレントゲンは診断に大いに役立つんだ。

 

CTレントゲンではどんなことがわかる?

CTレントゲンとはコンピュータ断層撮影のこと。
縦・横・斜め方向などあらゆる断面を自在に三次元的に見ることができ、より正確な画像診断が可能になります。
 

花子
CTレントゲンだとどんなことがわかるんですか?

秋津太郎
普通のレントゲンではなかなかわからなかった部分が確認できるんだよ。
例えば根管の状態。

花子
根幹ってなんですか?

秋津太郎
根幹というのは、歯の中で神経や血管が通っている部分。
根幹の治療は難しくて、今までのレントゲン写真だと根幹を見つけられず、治療したつもりでも再発したり、症状が進んで抜歯になってしまったりすることもあったんだ。
でも、CTレントゲンを使うと根幹の正確な位置や状態がわかるんだよ。
そのおかげで、根幹の隠れた病巣をみつけることができるんだ。

花子
この線のようなところが根幹ですか?

秋津太郎
そうだよ。
根幹はとても複雑で、途中で曲がったり枝分かれしたりしていることもあるんだ。
奥歯は普通は3本しかない根幹が、人によっては4本あることもある。
根幹の位置が確認できるのは、とても重要なことなんだ。

 
レントゲン

 

CTレントゲンはどのように治療に役立てられるの?

秋津太郎
歯の神経を抜いたあとは根幹をきれいに掃除する必要があるんだけれど、これがきちんとできていないと根尖病巣という病気になってしまうことがあるんだ。

花子
根尖病巣って何ですか?

秋津太郎
根尖病巣とは、顎の骨が溶けてしまう病気だよ。
CTレントゲンで歯の根の先にできる根尖病巣の位置が確認できれば、的確に治療や予防することもできるんだよ。

花子
虫歯で神経を抜くって良く聞きますけど、怖いんですね…。

秋津太郎
CTレントゲンは、他にも歯周病やインプラントの診断で歯や顎の骨の状態を確認するのにも使われるんだ。

麗子
歯周病が進むと歯槽骨が溶けてしまっていることもありますよね。

秋津太郎
そう。
抜かないといけないと思っていた歯を再生できたり、逆に残すつもりの歯の根が割れていたりということもわかって、治療の方向自体が大きく変わることもあるんだ。

花子
CTレントゲンってすごいものなんですね!

 
()

 

まとめ

従来の二次元的なレントゲンと異なり、コンピューターで画像処理をすることで3次元の画像として見ることができるCTレントゲン。
最近多くの歯科医院で使われるようになり、歯周病や根尖病巣の発見と治療、インプラントの検査などが的確にできるようになりました
さらに、顎関節症の診断や矯正治療など、歯科の幅広い分野で導入され診断に役立てられています。
 


関連記事一覧