歯のことがよく分かるブログ

できるだけ削らない治療をしたい!最良の方法とは?


虫歯になって歯を削るのは誰でも嫌ですよね。
痛みがあるうえ、「キーッ」と鳥肌がでるような音は歯医者へ行くことをためらってしまう原因でもあります。
さらに歯を削ることはコストも高めになってしまいます。
そこで費用や歯の健康にも負担がかからない快適な歯の治療ができる方法をここにご紹介します。
 

注目

 

ミニマルインターベンション(MI)で最小限に削る

ミニマルインターベンションを利用すれば虫歯に侵された部分のみだけを削れます。
健康である歯を維持しながら治療ができ、神経も損傷せずに行うことができます。
通常の歯を削る治療のように虫歯以外の部分も削ってしまうことはありません
さらに神経を傷つけてしまいますと、虫歯の箇所を削っても歯自体が弱くなり虫歯ができやすくなってしまいます。
 

秋津太郎
虫歯の治療では念のため虫歯の箇所以外も削っているんだよ。
しかしミニマルインターベンションがあれば、虫歯の部分だけ削るので歯にも負担がかからないで快適な治療が期待できるんだ。
また同時に歯の健康も維持することができ、虫歯を予防することもできる。

麗子
健康な歯の部分や神経を守りながら治療できるので軽症の虫歯ならぜひ試してください。

 
ミニマルインターベンション

 

カリソルブを塗布して快適治療

カリソルブは虫歯の部分に塗ってその部分を柔らかくして溶かしていく薬です。
歯を全く削る必要がないので神経を傷つけることなく安心した治療ができます。
また削る音もなく痛みもほとんど感じないのでお子様でも気軽に治療できるのが特徴です。
 

歯の王子
カリソルブ治療は低濃度の次亜塩素酸ナトリウム溶液とアミノ酸の混合薬剤になるよ。
虫歯に塗るだけでその部分が柔らかくなり、専用の器具で簡単に侵された部分を取り除くことができるんだ。

秋津太郎
虫歯の部分を除去するのに使用する器具は、歯を削る治療法のような音や振動がないのでリラックスして治療を受けることができるんだ。
その後は詰め物をして穴を詰めて終了。
これならお子様でも安心して治療できるね。

麗子
カリソルブ治療では薬剤を患部につけて約30秒間待ちます。
そして溶けた虫歯の部分を機械器具で取るのではなく、手で除去するマニュアル方式で確実に行うので安心して治療ができます。

 

まとめ

歯を削るのは健康な歯の部分まで削ってしまうこともあるので、抵抗があった人も多いのではないのでしょうか。
しかし、今日では虫歯の部分を溶かしたり、部分削りをしたりすることで歯や神経の健康を維持することができるのです。
痛みのない画期的な虫歯治療のおかげで体にも負担がかからずお子様でも安心して治療を受けることができます。
虫歯ができてしまったらすぐに削ることを考えずに、できるだけ歯を残しておける方法を希望して治療に臨みましょう。
 


関連記事一覧