歯の詰め物を飲み込んでしまった時の対処法


詰め物が取れた食事中に詰め物が取れた!

こんな経験をしたことはありませんか?

「食事中に詰め物が取れました」といって、ご来院される方もいらっしゃいますが、知らない間に詰め物が取れていたという方もいらっしゃいます。

知らない間に取れてしまった詰め物はどこへいってしまったんでしょうか?

取れた詰め物の行き場所は?

誤飲食べ物と一緒に飲み込んでしまい、胃へ流れ込むことがほとんどです(誤飲)。

歯の詰め物程度の大きさであれば、飲み込んでも問題はありません。

数日以内に胃→小腸→大腸と移動して、繊維質の便と絡まり体の外へ排泄されます。

ごくごく稀に詰め物が胃や腸へ突き刺さることがあります。体調に不具合があれば、消化器内科などを受診しましょう。

いつの間にか詰め物が取れていた、という場合は飲み込んでしまった可能性が高いです。

しかし、稀に飲み込んだものが気管に入ってしまう事があります(誤嚥)。

飲み込んだ際に咳き込んだり、喉に引っかかる感じがしたら要注意です。


レントゲン撮影で確認する内科に受診して、胸部レントゲンを撮ってもらいましょう。これにより誤飲と誤嚥を判別できます。

健康な成人であれば、むせることで咳が出て、詰め物は出てくることが多いですが、子供や高齢者は反応が鈍いため誤嚥のリスクが高くなります。

もし、誤嚥であった場合は落ちた詰め物は確実に取らなければなりません。

口の中の菌が付着した詰め物が原因で肺炎(誤嚥性肺炎)になります。全身麻酔での摘出手術(内視鏡など)になります。

防ぐ方法はないの?

何かした歯に問題があるから歯の詰め物が取れてしまうのです。

人工物はどんなものでも劣化が起こります。歯の詰め物や被せ物も人工物なので劣化が起こります。

一度治療したからといって、一生の被せ物ではないので、より長持ちさせるためにも日頃から丁寧に歯磨きをする習慣をつけることと、歯科医院へ定期的に検診を受ける習慣を身につけるようにしましょう!