虫歯のQ&A

    そもそもむし歯ができる要因は4つあります。

  • 口の中に虫歯菌がいるから。(磨き残しが多い)
  • むし歯菌の栄養分(糖分)の摂取
  • 歯の質や唾液の量
  • 食事のタイミング
  • これらのバランスが崩れると、歯磨きをしていてもむし歯になってしまうのです。

フッ素は歯の石灰化を促進します。初期むし歯であれば、フッ素の効果により歯の修復が可能です。

初期むし歯とは、穴が開く手前の状態です。穴が空いてしまったむし歯はフッ素の力では治りません。

症状は無くても、むし歯は進行します。むし歯は歯の内部で広がりやすいため、症状が出にくい場合があります。

症状がないからと言って治療を後回しすると、治療が複雑になる可能性があります。

虫歯の箇所を削り取り、虫歯が浅ければCR(コンポジットレジン)と呼ばれる光で固まる樹脂を削った部分に詰めます。

一方で虫歯が深い場合は、型取りをして、詰め物を作ります。詰め物が出来るまでの間は仮蓋をします。2回目に出来上がった詰め物をつけて治療は完了します。

ただし、虫歯がとても深かった場合は型取りをすぐにせず、一度神経を保護する薬を置いて痛みが出ないかどうか様子を見ます。この場合治療回数は一回増えます。

むし歯の治療をした歯には歯が残っていますので、むし歯になります。

そして、むし歯の治療をした歯には詰め物がされていますが、時間の経過とともに歯と詰め物の間に隙間ができることがあります。すると、その間からむし歯が進行します。

銀歯は保険診療で認められた治療方法になります。メリットとしては強度があり、安価で治すことができます。

その一方で、銀歯は口の中で腐食しやすい、汚れやプラークが付着しやすいので再びむし歯になりやすい、見た目が悪いといったデメリットが挙げられます。

銀歯以外にも治療方法はありますので、担当医とご相談いただき、患者様に最良な治療法をご選択ください。

長持ちします。セラミックは腐食することがなく、また汚れやプラークが付着しにくいのが特徴です。

また、セラミックとエナメル質の接着は強固なため、銀歯と異なり、隙間からむし歯になるリスクは低くなります。

あります。当院では光学印象といって、カメラで口の中を撮影する事で詰め物を製作することが可能になりました。

虫歯の取り残しではありません。歯を削った部分と歯の神経との距離が近くなるため、冷たいものがしみることがあります。特に熱伝導の良い銀歯では熱刺激が神経に伝わりやすいので、しみやすくなります。

通常、時間の経過とともに症状は和らいでいきますが、症状が長引く場合は担当医にご相談ください。

症状がなかったとしても、神経はむし歯の影響を受けています。深い虫歯ほど、治療の刺激により一時的に症状が出現することがあります。

また、詰めた材料の刺激により神経が過敏になり、痛みが出ることがあります。

通常、時間の経過とともに症状は和らいでいきますが、症状が長引く場合は担当医にご相談ください。

総合的な歯科検診の
ご相談・ご予約はこちらから

TOP
初めての方へ
当院の特徴
料金表
よくあるお悩み
ドクター紹介
診療案内
口臭
症例
アクセス
お問い合わせ
WEB予約

©️SHIN-AKITSU DENTAL TANAKA

・平日 10:00-21:00(最終受付20:00)
・土日 10:00-18:30(最終受付17:00)
休診日:祝日