訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
診療案内

歯周病と糖尿病の関わり

歯周病と糖尿病

Sick Young Woman Lying in Bed
生活習慣病の代表である糖尿病の患者は、潜在的患者を含めると1600万人以上いると言われています。
その原因の主なものは、高カロリーの食事の摂りすぎと運動不足による肥満とされています。
ところが、最近の研究で明らかになってきたのですが、歯周病と糖尿病に深い関係があるのです。
歯周病と糖尿病はそれぞれの症状は異なるのですが、お互いに影響を与えて悪化させるという負のスパイラルを作るのです。

歯周病が糖尿病へ影響

歯周病は歯のプラークに細菌がたまることにより発症して、人間の体の免疫力を低下させます。
免疫力が低下するとインスリンの働きが悪くなり血糖値が高くなってしまいます。
血糖値が高い状態が続くと糖尿病を発症するリスクが高くなります。
また、既に糖尿病になっている人は症状が悪化して合併症のリスクが高まります。
このように、歯周病が原因で血糖コントロールができない状態になることがありますので注意が必要です。

糖尿病が歯周病へ影響

糖尿病が歯周病へ悪い影響を与える場合もあります。
糖尿病になると歯の周辺の免疫力が低下しますので、歯周病菌に感染しやすくなるのです。
これは血管の障害や代謝の異常により歯ぐきの組織が破壊されやすくなるためだとされています。
また、糖尿病になると唾液の分泌が低下するため口の中を殺菌する力(免疫力)が低下してしまい、歯周病菌が増殖してしまうことも原因とされています。

予防

歯周病と糖尿病はともに自覚症状が乏しいため、治療を受けていない人が多いのです。
歯周病と糖尿病の症状の疑いがある場合には、早期に治療することが予防につながります。