インレー


「インレー」とは虫歯が小さい場合に、虫歯の部分を削って詰める詰め物のことです。

虫歯の大きさや形状によってはインレーではなく、「クラウン」と呼ばれる被せを使用することもあります。

保険適用内で治療を行う場合には、使用することの出来るインレーは金属や変色するプラスチック素材になります。

天然の歯に近い審美的に優れたセラミック等のインレーは、保険適用外となりクリニックによっては取り扱いをしていない場合もあります。

inlay保険適用で虫歯の治療をした場合、インレーを使用した治療では数千円程度かかります。

保険適用外のインレーを使用した場合には、1万円~5万円程度と言われています。

審美的な観点や経年に耐えられるかを考えると、一概に保険適用のインレーが安いとは言えません。

また保険適用のインレーには保証期間はありませんが、保険適用外のインレーの場合には保証期間が制定されていることもあります。

保険適用のインレーでなるべく天然の歯に近い形の治療を行いたい場合には、金属ではなく「レジン」と呼ばれるプラスチックを使用することがお勧めです。

レジンは金属を利用していないので、金属アレルギーが起こる心配がなく、金属が溶け出して歯茎が変色することもありません。

また修理が比較的簡単に行えるので、経年による変色が起こったとしても修正することが可能です。

担当医の技量によって審美的な見た目や持ちが左右されると言われているので、過去の症例や同様の治療例等を確認してから治療を受けましょう。

保険適用外のインレーの代表とされるセラミックは、型取りが必要なので通院に2回以上かかり、またインレーが出来上がるまで1~2週間程度が必要になります。

審美的な観点ではセラミックインレーが一番と言われていますが、強度的な問題で使用することの出来ない歯もありますので担当医によく相談しましょう。


関連記事

PAGE TOP