総入れ歯(総義歯)について


20121101202236968

すべての歯を失った場合、その後の治療としては、総入れ歯、またはインプラントがあります。

インプラントは保険外しかありません。

総入れ歯は、保険内と保険外の両方があります。

 

保険の総入れ歯は、使用素材や技術に関して制約があります。

入れ歯の床(しょう)は、プラスチック樹脂のみです。プラスチック樹脂は薄く作ると、割れやすいため、強度を備えるために分厚くなります。

分厚いと、装着時の違和感があります。噛む力は弱く、安定感に欠けますが、メリットとしては、費用が安い点と、シンプルなデザインなので、修理がしやすい点です。

 

保険外の総入れ歯にはいろんなタイプがあります。

主なタイプとして、金属床義歯があります。文字通り、入れ歯の床の部分が金属でできています。

金属だと丈夫なので薄く作ることができます。それで、装着の違和感が少なくなります。

熱伝導が優れているので、食べ物の体感温度が自然に近いです。ただ、修理が難しい場合もあります。

シリコン義歯は、床の一部がシリコンでできています。シリコンは柔軟性があるので、入れ歯を装着して痛みが出ることはありません。

噛む力があり、安定感も優れています。ただ、汚れが付着しやすいです。

アタッチメント義歯の主なタイプとしては、マグネット(磁石)を入れ歯に取り付けて、土台の磁性金属との磁力で安定させるマグネットアタッチメント義歯があります。

小さな磁性金属を埋め込む歯根が一部でも残っている場合に可能となる入れ歯です。

インプラント義歯は、歯槽骨にインプラントを埋め込み、インプラントを土台として、その上に入れ歯を置くスタイルになります。

総入れ歯の中で、最も安定感があり、噛む力もあります。ただ、インプラントを埋め込む外科手術が必要になります。

保険外の場合は、全額自費負担になり、どの総入れ歯を選択しても、金額差はあるものの、高額になります。


関連記事