歯の詰め物(インレー)


始めに、インレーにはいくつか種類があります。

  • セラミックインレー
  • ハイブリットセラミックインレー
  • パラジウムインレー

Stuffing

難しい横文字でわかりにくいですね(苦笑)

一つずつ順番に説明していきましょう。

セラミックインレー

インレーの比較セラミックというのは陶器のお皿をイメージしてもらうと解りやすいと思います。
※画像の左上や右下の詰め物をを指します。

陶器のように硬くて、色は歯の色に近い白い詰め物になります。

つける時に強いセメントが使えるので、経年的に歯面との隙間が空きにくく、虫歯になりにくいという利点もあります。

さらに表面が滑沢で汚れが付きにくい材料になります。

ただし、陶器のお皿を落としたら割れてしまうように、一点に強い力がかかると薄い部分が割れてしまうことが稀にあります。

ある程度厚みのある形にするために歯を多めに削る必要があります。

ハイブリットセラミックインレー

詰め物前述のセラミックにレジンを混ぜて作った材料になります。

レジンは話の始めに出てきたプラスチックのこと。

陶器とプラスチックのそれぞれの特徴を併せ持った詰め物になります。

セラミックインレーよりも安価ではありますが、プラスチックの弱点でもある、経年的な着色が生じます。

パラジウムインレー

インレーの比較

パラジウムとは金属の名前で、つまりパラジウムインレーとは金属の詰め物の事です。※写真の右上の詰め物を指します。

正式名称では金銀パラジウム合金と言って、銀がたくさん入っているので身近なところでシルバーアクセサリーをイメージしてください。

保険で入れられるため、セラミックインレー、ハイブリットセラミックインレーよりも大幅に安価な詰め物になります。

しかしデメリットも多いのも事実。

金属なので色も目立ちますし、金属アレルギーも生じます。

何よりも、金属を溶かして形を作る段階でどうしても形にズレが生じてしまい、歯にくっつけた際に顕微鏡レベルで段差や隙間が出来てしまうのです。

段差や隙間が危険なのはレジンの時と同じ。

汚れが溜まってそこから虫歯になってしまうのです。

少し説明が長くなりましたが、詰め物の事、少し分かってもらえたでしょうか?

詰め物の選択は、後々のお口の健康を左右する大事なポイントになります。

あなたに合った材料を選びましょう!!!

もしわからないことがあればいつでも相談に乗りますよ。気軽にご来院下さい!!!