バイオフィルムってなんだろう???


バイオフィルムと聞いて皆さんはどのようなイメージをもたれるでしょうか?

バイオフィルムにはプラークと呼ばれる歯の汚れ「歯垢」が関係します。

「プラークとバイオフィルム」

プラークまずプラーク(歯垢)とは歯の表面についた白っぽく粘々したもののことです。

菌の塊なのです!プラーク1gに対し細菌の数はなんと約1000億!(想像のつかない数ですが)

このプラークの中に歯周病や虫歯の原因となる菌がいるのです。

最近はプラークもバイオフィルムの一種としてとらえられています。

バイオフィルムとは細菌同士が集まってラグビーのスクラムのように一つの塊になりお互いを刺激し合い切磋琢磨し、口の中にへばりつきます。

台所のシンクにヌルヌルしたものが表面についていることがありますがこれもバイオフィルムの一種です。シンクのヌルヌルが口の中にあるようなものです。

「バイオフィルムの特徴は?」

1・一か所に留まる

がっつりと組み合い増殖したバイオフィルムはヌルヌルネバネバした状態でへばりついて簡単に落とされることなく留まり続けます。

その間も細菌を取り込み増殖していきます。そしてますます落としにくく強固な状態になっていくのです。

2・抗菌薬が効果的に効かない!?

バイオフィルム抗菌薬は口の中に浮遊している細菌を殺菌する効果はあっても、へばりついたバイオフィルムの中に浸透して内部の細菌を十分に殺菌することは出来ません。

抗菌薬を使ってもバイオフィルムの殺菌は難しいのです。

では、どうすればいいのでしょうか?心配になってしまいますよね?大丈夫です。

バイオフィルムに対する最も効果的な方法は、物理的に破壊すること。破壊されれば抗菌薬の効果も期待できます。

破壊するために必要なことはご家庭での毎日の歯磨きです。

え?それだけ?と思われたと思いますが毎日の歯磨きはとても大切です。

しかし、歯と歯の間や歯茎との境目などは磨きにくく、十分にバイオフィルムを除去することが出来ません。

バイオフィルムは一部でも残っていればそれを核にまた増殖していきます。

ご自身でのブラッシングによるバイオフィルムの除去には残念ながらどんなに頑張っても限界があります。

そこでご自身で行うケア以外で重要なのが歯科医院での定期的なケアです。

歯科医院で徹底的に歯のクリーニングをしてもらいましょう!(PMTCといいます*1)

虫歯や歯周病菌をすべて取り除くことはできませんが、歯科医院での定期的なPMTCと、ご自身での毎日のブラッシングを両方行っていくことで、効果的にバイオフィルム除去の対策につながり、虫歯や歯周病の予防につながります。

 

*1 PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士などの専門家による特殊な器具を使っておこなう歯磨きの事です。

ご自身の歯磨きでは落としきれないプラークの除去を行うことができます。


関連記事