ブライダル矯正


結婚式当日は、笑顔にあふれ、綺麗な歯並びで迎えたい。でも間に合うかしら?

矯正に必要な治療期間は、歯並びの状態によって個人差ありますが、おおよそ1年から3年かかります。

結婚式の日程から逆算して半年前辺りからの矯正であれば、おおむね間に合います。

間に合うというのは、歯列全体の矯正を短縮して間に合わせるという意味ではなくて、例えば、目立つ前歯だけを部分矯正すれば、間に合わせることができます。

 

He puts the wedding ring on herまた、歯の裏側に矯正装置を取り付ける裏側矯正をすれば、大切な結婚式に人目を気にする必要はありません。

見えない矯正には、脱着可能な透明のマウスピースを歯列に装着するマウスピース矯正もあります。これも殆ど装着していることが分かりませんから、衆目を浴びる場でのメリットは大きいです。

ただ、見えない矯正にしろ、見える矯正にしろ、結婚式当日に、必要最小限でも歯並びが改善されていることが望ましいわけで、そのために様々なブライダル矯正があります。

ブライダル矯正とは、結婚式当日に照準を合わせた歯の矯正です。

 

一般的には、前歯を優先的に矯正します。

例えば、結婚式直前にブラケット等の矯正装置をいったん外します。歯の隙間があれば、白い樹脂を隙間に入れて審美的な調整をします。

そして結婚式を迎え、無事終了した後、再度矯正装置を装着します。その後は、奥歯の歯並びも含めて、全体の矯正を完成させる治療を継続します。

このパターンが有効なのは、結婚式当日までにある程度、前歯の改善が見られる場合です。

間に合わない場合は、特に生え方の悪い歯を抜歯して、そこに仮歯を入れて整える矯正もあります。

なお、結婚式までの期間が2か月以下の場合は、お断りする場合が多いです。

ブライダル矯正を検討される方は、早めにご相談ください。


関連記事