噛み合わせと歯周病の関係


噛み合わせはどうして歯周病に関係するの?

日本人の約8割が歯周病にかかっているということはご存知ですか?

あなたも実は歯周病かもしれません!

 

歯周病とは…

歯周病とは歯を支える歯周組織(骨や歯肉)が病原菌によって炎症を起こし、歯を支えている骨が溶けていき最終的には歯が抜けてしまう病気です。

また、痛みを伴わないため知らず知らずの間に歯周病は進行していくため「音無し病」とも言われる恐ろしい疾患です。

原因は、歯垢(プラーク)による細菌感染が代表的ではありますが、噛み合わせが悪いことで歯周病を進行させてしまいます。

歯周病を一番進行させてしまう噛む力というのは、

一部の歯がダメージを受けるということです。

 

image3歯は垂直方向の力には強いですが、水平方向の力には弱い作りになっています。

歯を横に揺すらような噛み合わせが歯周病を進行させます。

そうすると、圧力を受ける歯や歯肉のダメージは大きく歯周病を進行させてしまいます。

ではなぜ一部の歯に負担がかかってしまうのか!その原因は何かご存知ですかっ?

歯並びが悪い ・・・噛み合わせのバランスが悪いため、特定の歯にばかり負担がかかってしまいます。

image1被せ物詰め物の不具合・・・虫歯などの治療でよく行われる被せ物や詰め物。

これらのサイズが合っていないと、綺麗に噛み合う事ができません。

銀色の詰め物などの硬い金属は歯にダメージを加えやすいです。

また、長期間使っていると、歯と金属の磨り減り方が違うため、噛み合わせのバランスが悪くなることがあります。

歯の増減による変化・・・歯が抜けたのを放置していると、歯が自然に移動してしまい歯並びが悪くなってしまいます。

 

などの理由が挙げられます。

知らない間に歯周病が進行して、保存不可能となってしまう前に歯周病について知っておく必要はあると思いませんか??

また、自分は歯周病なのかどうかお悩みの方、歯周病には他にも様々な要因があっておこります。

今のお口の中の状態や歯周病の知識と予防法についてもお教えしますのでぜひ相談なさってください。

お待ちしております!


関連記事