歯を抜いたあと


Fotolia_77366918_XS「歯を抜いたあと、痛みがないけれど薬を飲む必要はありますか?」

歯を抜いた時に当院では痛み止めの薬、感染予防の抗生物質を処方しています。

痛み止めは痛みがあった時だけで大丈夫です。

もしも足りなくなったらご連絡ください。

痛みがなくても、抗生物質は全て飲みきるようにして下さい。

痛みがないからといって、途中で抗生物質を飲むのを止めてしまう人が少なくありません。

しかし、抗生物質をこういった中途半端な使い方で服用することは、細菌を訓練で鍛えているようなものであり、非常に危険であることを知る必要があります。

medications-cure-tablets-pharmacy-51929抗生物質を途中で飲まなくなることで「耐性菌」ができやすくなります。

適切な濃度、適切な期間で抗生物質を使用すると、抗菌力が効果的に発揮されるため、細菌は生き残ることができずに死滅します。

しかし、中途半端な濃度、中途半端な期間で抗生物質を使用すると、細菌は死なない程度の抗菌力によって、「耐性」を獲得してしまうことになります。

薬のアレルギーがある方や、現在別の薬を飲んでいる方は、事前に医師やスタッフにお伝えください。

おくすり手帳をお持ちの方は、抜歯の際に持ってきていただけると幸いです。

薬を飲んでお腹がゆるくなったり、気分が悪くなったりしたらすぐに歯科医師にご相談ください。


関連記事