親知らず(智歯)抜歯後の穴


親知らずを抜歯すれば、当然抜歯したところは「穴」となります。

特に上の親知らずを抜歯した場合、まっすぐ生えていることが多いので、穴が開くことになります。

この穴のケアが、実は抜歯後にはとても重要となってきます。ケアが十分でない場合、トラブルのひとつである「ドライソケット」という状態を引き起こす場合があるからです。

ドライソケットとは、抜いた後穴の内部の骨が、かさぶたの役割をする血の固まり(血餅と呼ばれています)で十分に覆われない状態のことです。

つまり、骨がむき出しになっているのです。痛みも非常に長く続きます。これは下の親知らずの抜歯後、2~4%程度の人に起こるといわれています。(もちろん、上の親知らずを抜歯した場合でも起こりうる症状です。)

治療策としては軟膏状の薬で保護したり、再び内部を刺激して出血させ新たに血餅を形成させたりします。治癒にはおおよそ2~4週程度かかります。

傷口を綺麗にしておくために頻繁にうがいをしたり、抜歯後の穴の内部を洗い流そうとすることは治癒を送らせる恐れがあるので逆効果です。

抜歯後の穴は、正確に説明すると、いきなり穴がふさがって治るのではなく、だんだん穴の底や側面から歯肉が盛り上がってきて、穴が浅く小さくなっていくという経過をとりますので、だんだんと物が詰まったりするのは少なくなっていきますが時間がかかります。

ふさがるまでに食べ物などが入り込んでも、それがそのまま傷に埋め込まれてしまうとかは通常ありませんが、治癒を遅らせる原因になる場合もありますので、うがいなどで取るのが最も良い方法です。

あまり無理に触ったりすると、そこから雑菌が入って感染症を引き起こす場合もありますので、気にしすぎずに程度なうがいをこころがけるのが一番でしょう。


関連記事